100円均一3社のレジン液を比較!使いやすいレジン液はどれ?

resin

レジン液や、レジン用のアイテムが100円均一ショップで販売され始めてしばらく経ちましたが、みなさん使ってみましたか?今回はダイソー、セリア、キャンドゥのレジン液を比較していきたいと思います。

ダイソーのレジン基本情報

種類
ハード
ラメ入りハード
ソフト
内容量:各5g
特徴
ダイソーのレジン液は3種類あります。内容量が多く、蓋付きなので使い残しても安心です。透明度は低めですが、着色などをすれば問題ないよです。UVライトとの相性もありますが、硬化時間は手芸店などで購入できるレジン液とあまり大差はないです。匂いはかなりキツイです(汗)気泡はやはりメーカー品に比べれば出来やすいですが、エンボスヒーターやドライヤーなどの熱風で取り除ける程度です。硬化後も表面にぺたつきが残るのが残念なところです。

セリアのレジン基本情報

種類
ハード
ソフト
カラー(10色程度)
内容量:各4g
特徴
セリアのレジンはとにかく種類が豊富です。ハード、ソフトの基本的な二種類の他にはじめから色のついているカラーレジンも販売されています。このカラーレジンはそれぞれを混色することもできるのでかなり便利ですよ!蓋付きで扱いやすいですが、容器が少し硬いのでレジン液を出しにくい印象です。透明度はかなり高く、レジンメーカーの清原クラフトレジンを凌ぐ透明感です!でも匂いはきついですね…。気泡もできやすいですが、こちらもダイソー同様に熱風で取り除くことができます。硬化時間もとても遅いわけでも早いわけでもないので、問題なく使用できると思います。また、内容量が4gで、他の物よりもコスパは悪いですが、品質は高いです。

キャンドゥのレジン基本情報

ハード
内容量:5g
特徴
100円均一3社で一番最後にレジン液を販売し始めたキャンドゥです。内容量はダイソーと同じ5gですが、キャンドゥのレジン液はなんと使い切り!蓋はハサミで切り落とすタイプで、開けてしまったらもう使い切る、もしくはアルミホイルなどで蓋を作って早めに使い切ることが必要になります。透明度はダイソーと同じくらい、気泡も出来やすく、取りづらい…。でも容器が扱いやすく、レジンを出しやすいです。品質もこのお値段なら許せる程度ですので使い切れるならキャンドゥのレジン液でも問題ないでしょう。

結局どれがいいの?

3社のレジン液の基本情報を並べてみました。この中で私が一番オススメするならセリアのレジン液ですね。透明感を求める作品なら絶対にセリア!セッティングフレームを使う時などですね。ミール皿を使うのならダイソーやキャンドゥでも問題ないでしょう。気泡の取りやすさで見るならキャンドゥよりほかの2社のレジン液がオススメです。匂いは断然セリア。まだマシです。どの100円均一のレジン液も匂いがかなりするのでしっかりと換気した方がいいですよ。

まとめ

いかがでしたか?今回はダイソー、セリア、キャンドゥのレジン液をそれぞれ紹介して比較してみました。一番のおすすめはセリアのレジン液ですが、ちょっとお試しに使ってみるならどのレジン液でも問題ないと思います。使う方によっては匂いはあまり気にならないという方もいますし、硬化も早い、と思う方もいらっしゃいます。やっぱり自分との相性ですから、どれでも試してみるといいですよ!
それでは良いレジンライフを!

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です