レジンを綺麗に仕上げる研磨方法は?

ピアス

レジンを耐水性ペーパーで磨く方法

耐水性ペーパーとは、耐水性の紙やすりのことです。最初、研磨していく道具としてのペーパーとなっており、いろいろな数字が表示されているのは何だろうと思っていました。よく子供の頃、工作で木工で作った作品の仕上げに紙やすりを使ったなと思い出しました。それと違うのは、耐水性ペーパーですと、出てきたカスを水で洗い流しながら使えるというところです。荒い目程レジンカスが詰まってしまいますので、場所を変えて磨いていくとなりますし、またすぐに詰まってきますから効率的とは言えません。なので、水で洗える耐水性ペーパーはすぐれものですよね。

先ほどの数字の表示ですが、あるところの研磨用品というところを見ますと、#400、#600、#800という数字が並んでいました。水研ぎ用の粗さですね。ですが、詳しく見るにつけ、その作品によって使い分けをする必要があるようです。数字が小さいほど粗目となりますので、徐々に数字の高い耐水性ペーパーにしていきますと、キレイに仕上がります。#1500以上の耐水性ペーパーは、コンパウントで磨く下準備と考えると良いと思います。

レジンを研磨剤で磨く方法

さて、他にはどのような研磨方法があるかと言いますと、コンパウントというクリーム状の研磨剤を使う方法があります。細かい仕上がりとなり、磨きあげるために使います。ホームセンターなどでも販売されています。チューブだったり、プラスチックボトルに入っているものもあります。コンパウントの使い方は、布に出して使っていきます。レジン作りにはこの「磨く作業」が重要となります。

この場合、ちょっとつけて磨くとしたいところですが、ここはケチらずたっぷりのコンパウントで磨きましょう。自分の心を磨くかのように、根気よく磨いていきましょう。後はそのコンパウントが残らないようにして丁寧に拭けば出来上がりとなります。磨くほどに輝きのある作品となりますので、より達成感を得られます。

レジンをやすりで磨く方法

では、やすりを使った研磨方法をみてまいりましょう、やすりの中にダイヤモンドやすりというのがあります。ダイヤモンドの粉末状のものをチタンで接着したやすりです。それから、スポンジやすりというのがあります。粗目と極細目の両面の棒状のものもありますが、大体はシートタイプになっており、スポンジやすりは触りが柔らかいので深いキズが付きにくく使いやすいです。

こう見てまいりますと、研磨方法も多くありますので、どれを使っていくかはその時判断でされて下さいね。やすりと言う中のくくりで、もう1つご紹介しますと、セラミックシャープナーがあります。包丁を研ぐのに重宝しますよね。自分も使っていますが、やはり両面で粗目と細目とになっています。持ち手がしっかりしていますので、使いやすさもあります。

まとめ

これまでご紹介しました方法を混ぜ合わせて使っていくことで、作品がより美しい仕上がりになりますね。よく紹介されていたのは、先ず耐水性ペーパーですね。そのペーパーも粗目から細目へと使っていきます。そして、コンパウントへと繋げます。大体はこの工程でOKです。そこで少し大きめの作品だったり、その作品ごとで途中、やすりを使用したりしましょう。以上のような研磨方法で、ステキなレジンアクセサリーをお楽しみ下さいませ。

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です