レジン液でアレルギーになる!?レジンアレルギーの症状の特徴と防ぐ為の対策は?

レジンアクセサリー

レジンアレルギー症状

ハンドメイドでも主流になってきたレジンですが、レジン作品を制作する際に換気や手袋の着用はしているでしょうか?レジン液を取り扱う際にきちんとした対策をとっていなかった為に、二度とレジンアクセサリーを作れなくなってしまうなんて事も実際にある話しです。具体的にレジンアレルギーとはプラスチックに対するアレルギーで、使用していくうちにアレルギー反応を起こしてしまいレジン液に触れた部分、主に作業した指から他の指にまで広がり、赤くなったり、水ぶくれができてしまったり指腹や指先の皮膚が硬くなって亀裂が入ったり、皮膚が剥げ落ちたりと症状を聞いただけでも怖いアレルギーだという事がよく分かります。レジンアレルギーの症状は、レジン液を触ってすぐ現れるのではなく、数日後に症状が現れると言われています。万が一レジンアレルギーになってしまった場合、完治はまず難しいと言えるでしょう。その後はレジン液に触れない事がアレルギー反応を起こさない為の条件になってしまいますので、レジンアレルギーになった場合またレジンで作品を作るという事が出来なくなってしまう可能性もあり得るので、レジンを楽しんで続ける為にもきちんとした対策をとりましょう。

レジン液は揮発する!

レジンアレルギーが怖いのは上記だけではありません。レジン液は揮発するので指にレジン液が触れていないからといってレジンアレルギーにならないとは限らないのです。揮発したレジン液が体内に入り喘息や鼻炎になってしまったり、知らないうちに揮発したレジン液が体に付着して全身に症状が出てしまう場合もあります。全身に症状が出ると指と同じように。赤くなったり、水ぶくれが出来てしまうのはもちろん、かゆみや痛み、湿疹などアトピーの様な症状が顔や首、背中や腕など主にレジンとの距離が近かった上半身に現れます。

レジンアレルギーから身を守るには?

レジン液を使用する際にとった方が良い対策をご紹介します。

『換気』十分に換気し、揮発したレジンが付着しない様に心がけましょう。お子様はもちろんペットがいる場合は特に気をつけて換気を行った方が良いでしょう。

『ゴム手袋』レジンアレルギーの多くはレジン液が触れた指から起こる事が多いです。その為作業する際は手袋をして、素手でレジン液を触ることのない様にしましょう。ゴム手袋なら100円ショップなどで安価に手に入りますが、これらは薄手なので浸透してしまう可能性があります。薄手の手袋の場合は何重かに重ねてつけることをおすすめします。化学防護手袋や不透過性手袋であれば重ねなくても問題なくより安全と言えるでしょう。

『眼鏡、マスク』レジン液は揮発するものです。いつどこで体に触れてしまったか分からない場合もあります。粘膜の弱い目や鼻、口は眼鏡を着用したりマスクを着用するなどして揮発したレジン液から守るようにしましょう。

『保護クリーム』レジン液や揮発したレジン液が直接肌に触れる前に、クリームを塗ってベールを作っておけば少しはアレルギーになる事を防ぐ事ができます。保護クリームを塗った上で、それ以外の上記の対策をとることにより、よりレジンアレルギーになるリスクを減らせるでしょう。

花粉症と一緒

レジンアレルギーは花粉症と一緒で、今が大丈夫だからといってこの先もならないと言えるものではありません。コップの水が溢れ出る様に、その人のキャパを超えると一気に症状となって体に現れてきます。今は何もないからと油断せず、将来苦しまない為にも今からきちんとした対策をとって、レジンを楽しみましょう。

レジン  レジン