100均にあるUVレジン作りに必要な道具の種類と使い方

レジン

レジン作りに便利な道具

UVレジン作りには、レジン液や、型枠や、UVライトなどの、基本となる材料の他に、あると便利な意外な道具もあります。
レジン用に販売されているものではなく、日常生活においての用途は別のもの。
例えば、ピンセットやつまようじ、透明クリアファイルなどです。
何に使うのか、ピーンとくる方や、全く思い浮かばない方もいることでしょう。
レジン作りにおいて、これらの道具をどのように使うと便利なのか、紹介します。

ピンセット

作品によっては、細かいパーツを扱うこともあり、ピンセットは重宝します。
手芸店では、クラフト用のピンセットを購入することができます。
100均のピンセットでも十分使えますので、まずは100均のピンセットで試してみるのも良いでしょう。
100均の売り場で、ピンセットが手芸用品売り場にない場合は、医療用品又は衛生用品売り場に置かれている場合があります。
たいていは「手芸にも」というような説明が書いてあるので安心です。

つまようじ

レジン作りでは、レジン液の中に気泡ができてしまう場合があるので、気泡を取り除く際には、つまようじを使うと便利です。
透明感とつやのある、キレイなレジンを完成させるには、気泡はつまようじで丁寧に取り除きましょう。
泡をつついて、つぶす感じに消していきます。もしくは、上まで持ち上げてくれば、泡が割れて消えます。
また、レジン液を着色する際に色を混ぜ合わせたり、細かいパーツを配置したり、何かと便利なのがつまようじ。
使い捨てできるので、レジン作りをする時は、何本か出しておくと色ごとに使い分けできます。
100円で大容量のものを購入することができるのでとてもお得です。
1本ずつ取り出せる、つまようじケースも100均で購入することができます。

透明クリアファイル

文房具として利用する透明クリアファイルですが、レジン作りには大活躍するアイテムです。
レジン液に着色する際、粉末の顔料や、液体の顔料を混ぜ合わせるプレートとして使うと便利。
小さく切って、形も折れ曲がるので、レジン液を型に流し込みやすいです。
プラスチックケースでは、ケース内にレジン液が残ってしまう場合もありますが、クリアファイルならレジン液を無駄なく使うことができます。
空枠やフレームを使って作品を作る場合にも、透明クリアファイルは、土台として利用できます。
UVライトに入る大きさに切れば、そのまま硬化できて、もちろん硬化後はキレイにはがせます。
色混ぜ用に使用した、つまようじを置く場所としても、クリアファイルは便利。ティッシュや新聞紙などの上では、紙がついてしまう可能性も。
片付けの時は、ウェットティッシュでサッと拭けば、キレイになります。また、レジン液落としというものもあるので、落ちにくい場合は、利用すると良いでしょう。

まとめ

普段、何気なく使っている、つまようじや、クリアファイルなど。レジン作りにも活躍する、とても便利な道具です。
レジン作りに慣れてくるとレジン専用の用具ではなくでも、お手軽な代用品を見つけるアイデアがひらめくことも多くなります。
たくさんお金をかけなくても、あるものを有効利用して楽しめるのがレジン作りです。
家の中を見渡して、レジン作りに活用できそうなものを見つけてみましょう。

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です