UVレジンの定番!清原のレジン液

清原のレジン液とは?

レジンクラフトをする人なら誰もが目にしたことがある定番中の定番。それが清原のレジン液です。多くの手芸店が扱っていることもあり、リピート率もダントツでトップの商品です。価格は、55gで2000円と少々を高めですが、仕上がりの良さと定番という安心感から初心者でも購入しやすい点がリピートに繋がっているようです。

レジン液を選ぶときのポイント

UVレジン液はメーカーによって、その特徴が異なります。大まかなポイントは以下のようになります。どのメーカーのレジン液も良し悪しありますので、ご自分の作品にあったレジン液を選びます。その中でも清原のレジン液は、どれをとっても平均かそれ以上の評価ができる商品ですので、特に初心者の方は扱いやすいと思います。

・硬化の程度と速さ
・硬化後の透明度
・硬化後の変色の程度(時間が経つと黄色っぽくなってきます)
・レジン液の粘度(さらさらしたものから、粘りの強いものまであります)
・レジン液の匂い(独特の匂いがありますが、香り付きのものもあります)
・気泡が入りにくいかどうか

清原のレジン液の特徴

硬化前の状態は、さらっと感があり、多少の匂いはありますが、特に気になりません。また、適度な粘り気で、気泡も入りにくいため扱いやすいです。硬化後のべたつきも少なく、硬化時間も速い。もちろん透明度も高いです。また硬化後に経年の変色が出にくいとの評価もあります。残念ながら、太陽光では少し縮むことがあるようです。しかしながら、基本的に清原のレジン液は、全てにおいてバランスが良く、高品質で取り扱いやすいと言えます。
・仕様:ノズルの先が細くて注入しやすい
・カラー:クリア
・使用可能な素材:布、金属、プラスチック、ガラス、紙、粘土、ドライフラワーなど
・使用不可な素材:油分や水分を多く含む素材、生花、シリコンゴムなど
・硬化時間:UVライトで3~10分 ※使用するライトや液の量によって異なります。
・太陽光:20分~60分 ※天気や気候によって異なります。

清原のレジン液・ソフトタイプについて

清原のUVレジン液には、ハードタイプとソフトタイプがあります。上記のようにハードタイプは定番として人気がありますが、ソフトタイプも実は優秀なのです。こちらも硬化が早く、透明度が高いクオリティの高いレジン液と言えます。指紋が付きやすく、初心者には扱いにくいのでハードタイプ方がよく使用されていますが、型から取り出しやすい、硬化後にハサミでカットできるなどといったメリットもあります。ハードタイプに比べると少々黄ばみやすいと言われていますが、弾力があり曲げても折れないので面白い作品ができるようになります。

その他のレジン液で人気のメーカー

・パジコ 太陽の雫 25g 1,230円
・ユザワヤオリジナル UVレジン液 25g 950円
・100均(ダイソー、セリア、キャン★ドゥ)のレジン液 約5g

お安く手軽に始めたい場合は、100均のレジン液でも十分に対応できます。100均にもハードタイプ、ソフトタイプのどちらもありますし、カラーレジンもあります。

まとめ

清原のレジン液は、クオリティが高く、どんな作品にも対応しやすいため初心者にとっても扱いやすい商品ということが分かります。さまざまなメーカーからレジン液が発売されていますが、液選びに迷ったら、まず清原を使ってみると良いと思います。

レジン  レジン