UVレジンにカラーリングパウダーを使ってキレイに着色する方法

雑貨

カラーリングパウダーとは

透明のUVレジンに着色できるカラーリングパウダーは、粉末タイプの顔料のこと。
使い方はとても簡単で、透明のUVレジン液にカラーリングパウダーを混ぜ合わせるだけ。あとはいつものレジン作りと同じように硬化させれば、カラーレジン作品の完成です。
カラフルにさまざまな色が販売されているので、単色で使うだけではなく、色々なカラーリングパウダーを混ぜ合わせてオリジナルのカラーを作ることも可能です。

例えば、赤と黄色を混ぜてオレンジを作ったり、青と黄色の配色具合によっては黄緑から緑まで作ったりできます。
白を混ぜていくと、パステル調の優しい色合いを出すことも。自分の好みの明るさに調節できるメリットがあります。
混ぜ合わせる色の量を調節するだけで、微妙な色の違いを出すことも可能。
カラーのUVレジンアクセサリー作りには欠かせないアイテムの一つです。

ラメ入りやパール調など、独特の光沢感のあるカラーリングパウダーもあります。
手芸店で購入できる他、ネット通販でも購入することができます。
100均のダイソーでは、UVレジン専用のカラー顔料が販売されているので、コスト的に抑えたい場合にはとてもお得です。
ダイソーのカラー顔料について紹介していきます。

ダイソーのカラー顔料

100均のダイソーから、パウダータイプのUVレジン専用のカラー顔料が販売されています。
商品名は「UVクラフトレジン専用カラー顔料」というもの。
内容量は2g。赤、青、黄など基本的なカラーの他にも、白やピンク、オレンジなど、さまざまなカラーが揃っているのでとても便利。
販売されている容器は袋状のものなので、カラーレジン作りに使用する際は、プラスチックケースなどに移し替えると使いやすいです。

とても細かい粉末なのでレジン液に溶けやすく、発色もしっかりとキレイに出ます。
単色で使ってもキレイなカラーレジンが作れますが、何色かを混ぜ合わせてオリジナルのカラーを作ることもでき、アレンジをするにも楽しくなります。
手芸店やネット通販で販売されている色の種類よりはまだ少ないので、欲しい色が見つからなかったら、自分で混ぜ合わせて作ってみましょう。

カラーリングパウダーの注意点

UVレジン用のカラーリングパウダーは細かい粉末タイプなので、容器に移す際や使用する際、どうしても周囲にこぼれたり飛び散ったりします。
作業する際は、下に新聞紙などの汚れても良いものを敷いておくことをおすすめします。
特に濃い色は、服に付いて落ちなくなってしまう可能性も。カラーリングパウダーを使う時の服装は、汚れても良い服にするか、エプロンなどで汚れを防止しましょう。
とても細かいパウダーなので静電気で手にも付着したり、レジンの道具に付着したりするので、取り扱いには十分注意して作業しましょう。
ラメパウダーはキラキラと輝くので、顔についてしまうと小さくてもとても目立つもの。
パウダーに触れた手で顔を触らないようにしましょう。

まとめ

透明のUVレジン液に着色する方法の一つがカラーリングパウダーを混ぜ合わせるということ。
とても簡単に着色することができ、100円でも買えるという手軽さ。さまざまな色を組み合わせて、自分好みの色を作り出すこともとても楽しい作業。
カラーのレジン液で作るレジン作品は、本格的な仕上がりになるので試してみましょう。

レジン  レジン