100均UVレジン液のソフトタイプがスマホケースに最適な理由

ソフトレジン

UVレジン液は、UV(紫外線)に当たることで硬くなる紫外線硬化樹脂。これには2種類のタイプがあり、カチカチに固まるハードタイプと、グミのように柔らかく固まるソフトタイプ。
どちらも最初は透明の液体。太陽光の紫外線や、UVライトから照射される紫外線に当てることによって固体へと変化します。
透明のレジン液に着色料を混ぜてカラフルに色付けしたり、中にお気に入りのパーツを閉じ込めて一緒に固めたりと、さまざまな使い方ができる人気の手作りクラフトとなっています。

セリアやキャンドゥー、ダイソーなどの100均でも種類も豊富に販売されていて、色を付ける着色料や、中に閉じ込めるパーツなど、さまざまなレジンアイテムを見つけることができます。既に着色されたカラフルなレジン液や、ラメが混ぜ込んであるラメ入りレジン液なども100均で購入できるのでとても便利。
更に、UVレジン液のハードタイプ、ソフトタイプの両方とも100均で購入することができるのです。

ハードタイプは、ミール皿や空枠などを利用して、キラキラと輝くレジンアクセサリーとして作られることの多い素材。
ソフトタイプは、その柔らかさを活かして、スイーツデコや、チャームなどにも利用されています。固まっても柔らかさが残るので、ブレスレットにも最適。リボンなどをコーティングすれば簡単にオリジナルブレスレットを作ることができます。

スマホケース

ソフトレジンで作るスマホケースは、シリコン製のケースのような柔らかさがあります。この柔らかさがスマホを守ってくれるのです。
スマホを落としてしまった時、ハードタイプのケースは欠けたり割れたりヒビが入ったりすることがあります。スマホ本体にも衝撃を与えてしまいます。スマホ画面が割れたりヒビが入ってしまったり、内部の機械の故障につながることも。

ソフトタイプのスマホケースは、落としてしまった時に衝撃を吸収してくれます。割れたり欠けたりすることは滅多になく、柔らかさが丈夫さにつながっているのです。
スマホ本体も衝撃から守ってくれて、内部の機械の故障も防いでくれるのです。
ハードタイプのように触り心地はツルツルしていないので、手から滑り落ちる機会も減ります。しっかりと手にフィットする触感なのです。

更にソフトタイプのレジン液で作った、グミやキャンディーなどをアクセントとして付けてもカワイイです。カバンの中から出し入れしても、ポケットに入れたりしても、意外と丈夫で飾りが取れることはありません。
元々は工業用に接着剤としても使われていたUVレジン。レジンがしっかりと接着剤の役割を果たしてくれているので、取れにくく仕上がります。

まとめ

スマホケースをUVレジンでデコってオシャレなケースを作りましょう。UVレジン液には、ハードタイプとソフトタイプがあり、どちらも100均で購入することができます。
ハードタイプはツルツルでピカピカの仕上がりになるので、スマホケースをオシャレに変身させられます。
ソフトタイプは柔らかさの残る仕上がりになるので、スマホを落としてしまっても衝撃を吸収してくれて、スマホ本体もスマホケースも守ってくれます。
色もカラフルに着色できて、中にお気に入りのパーツを閉じ込めることができるので、UVレジンでスマホケースをオシャレにデコりましょう。

レジン  レジン