UVレジンに使える100均ネイルパーツアイテムの種類と使い方

手作り

ネイルパーツとは

ネイルパーツとは、指先を鮮やかに彩るネイルアート用の装飾アイテム。
マニキュアに限らず、ラインストーン、スパンコール、ブリオンパーツ、ラメパーツ、カラーパウダー、蓄光パウダー、シェルパウダー、ネイルシールなどなど。
実に豊富な種類のアイテムがネイルパーツとして存在しています。

このネイルパーツは、たいていはUVレジンにも使うことができるのでUVレジン愛好者にはとても人気があります。100均でもさまざまなネイルパーツが販売されているので、試してみるだけでも購入しやすいコスパ。
UVレジン売り場に限らず、ネイルパーツ売り場も覗いてみると、レジンに応用できそうなアイテムと出会えるでしょう。

シェルパウダー

シェルパウダーとは、貝殻を細かく砕いて粉末に近い状態にしたもの。粒の大きさによっては、クラッシュシェルと呼ばれることも。
色もカラフルに着色されているものや、貝殻の素材そのままのものまで、種類も豊富。
単色で販売されていたり、ミックスカラーで販売されていたりと、選ぶのも楽しくなります。

UVレジンを作る時のシェルパウダーの使い方は、他の封入パーツと同じように使います。
大きめの粒のクラッシュシェルは、レジン表面に配置してもステキです。また、瓶に詰めて砂浜を表現したり、海塗りをしたりと欠かせないアイテム。
硬化する時の注意点として、シェルパウダーの陰となってしまう部分には、紫外線が届かないので陰となる部分にもしっかりと紫外線を当てるということ。
作品の裏側や横側からも向きを変えて、しっかりと紫外線が届くように注意しましょう。

シェルパウダーは、ラメやホログラムなどよりも、貝殻独特の上品で控えめな輝きが特徴です。
そしてラメやホログラムよりも厚みがあるので、入れ過ぎには注意しましょう。硬化不良となってしまう可能性が高くなります。

ブリオン

ブリオンは、小さい粒のビーズのようなパーツ。金属製のものやアクリル製のものなど素材もカラーもさまざま。
たくさん敷き詰めてもポイントとして使用しても、色々な方法でデザインを楽しむことができるパーツです。
花の形を作ったり文字を描いたり、一つ一つが小さい粒なので、並べて色々なアートを描くことも可能。

UVレジンにも、同じように使うことができるので、アイデアが広がります。
100均でも購入することができてとても便利。粒が小さいのでピンセットで配置していくと作業しやすいです。
敷き詰めたり、たくさんのブリオンを集めたりして配置した部分は、陰となってしまう部分ができてしまいます。
UVレジンは紫外線が当たらないと硬化しません。向きを変えたり裏返したりして、色々な方向から紫外線を当ててしっかりと硬化させましょう。

まとめ

ネイルアートに利用するネイルパーツは、100均でも種類が豊富に販売されています。たいていのUVレジン愛好者は、ネイルパーツをUVレジンに使用したことがあるはず。
人気の海塗りには、シェルパウダーが爽やかな海のイメージにピッタリなアイテム。
たいていのネイルパーツはUVレジンにも合うので100均のお店へ行った際は、UVレジン売り場に限らずネイルパーツ売り場も覗いてみましょう。欲しかったアイテムが見つかったり、意外なアイテムを発見したり、UVレジン作りが楽しくなります。

レジン  レジン