100均ダイソーのクラフト素材を使ったUVレジンの作り方

resin

UVレジンとは

UVレジンとは、UV(紫外線)に当たると固まる紫外線硬化樹脂のこと。手作りでアクセサリーを作ることができる素材として人気があります。固まる前は透明の液体で、型枠に入れたりコーティングしたり、色々な作り方ができます。紫外線に当たると硬化するので、中にお気に入りのアイテムを閉じ込めたり、色を付けたりして、アイデア次第で色々な作品を作ることができるのです。

アクセサリーに加工するパーツを取り付ければ、ピアスやイヤリグ、ネックレスやブレスレットなどのレジンアクセサリーを作ることもできます。型枠を使って、ストラップやチャーム、キーホルダーを作ることも。
オリジナルのアクセサリーを簡単に作ることができるので、お好みの型枠を使ってレジンアクセサリーを作ってみましょう。

100均UVレジン液

ダイソーや、セリア、キャンドゥなどの100均には、豊富な種類のレジン材料が販売されています。
レジン液は、ハードタイプとソフトタイプの両方を扱っていたり、ラメ入りのレジン液や既に色付けされたカラーレジン液も扱っていたりと充実しています。100均のレジン液の内容量は4~5gと、手芸専門店で販売されているレジン液よりは少量となっていますが、レジン作品を1~2個作るには十分な内容量なのでお手軽に利用できます。品質も100円とは思えないような素敵なレジン作品が作れると評判です。

ダイソークラフト素材

ダイソーにはたくさんの種類のクラフト素材が揃っていて、レジンクラフトに限らず、さまざまな手作りクラフトに利用することができるものばかり。100円という価格でとてもお得に手作りクラフト素材を手に入れることができるので人気があります。
レジン作りに使えるダイソーのクラフト素材を2点紹介します。UVレジン液と共に購入してレジン作りを楽しみましょう。

・セッティング
100均のダイソーには、UVレジンに使えるさまざまなクラフト素材が販売されています。
ミール皿とも呼ばれるレジン液を入れる台座となるセッティングは、プレート型やオーバル型など、色々な形とサイズのものがあり、1パックに2~3個入っているのでとてもお得。たいていのセッティングには、金具を取り付けられる部分が付いているので、お好みの紐やストラップなどを取り付けてオリジナルレジンアクセサリーを作ることができます。

・デザインフィルム&ペーパー
セッティング台座の底面には台紙となるデザインフィルムやデザインペーパーを貼りつけるとおしゃれ。ダイソーには、さまざまな柄のデザインフィルム&ペーパーが販売されています。
セッティングの形に合わせてカットして、底面に貼り付けたり、小さくカットしてレジンの中に封入したりと、色々な使い方ができるデザインフィルム&ペーパー。柄は、フラワーやアンティーク、宇宙、ヨーロッパなど、さまざまな種類があります。

まとめ

100均のダイソーには、UVレジンに使える素材がたくさん販売されています。ミール皿やモールドなど型枠となる素材は、色も大きさも素材もさまざまなアイテムが揃っていて、季節ごとのモチーフも販売されています。
UVレジン液を購入する際に、セッティングとデザインフィルム&ペーパーを購入すれば、300円でおしゃれなレジンアクセサリーを作ることができてしまう手軽さ。オリジナルのレジンアクセサリー作りを楽しみましょう。

レジン  レジン