専用品でなくても大丈夫!レジン型の代用品をご紹介

レジン型の代用品といえばコレ!

一般的にレジンクラフト用の型として販売されているのは、シリコンモールドと呼ばれるシリコン製の型です。シリコン製品は硬化したレジンが取り出しやすく、初心者でも扱いやすいうえに、繰り返し使えるのが特徴。そんなことから、専用シリコンモールド以外にもシリコン製の型は、代用品としても使いやすいと思います。
・お菓子作り用の型やカップ
・製氷皿
・シリコン製のキッチン用品(鍋敷きなど)
最近では、多くの製品でシリコン製のものが販売されています。特にお菓子作り用の型や製氷皿は形も可愛いものが多くあり、レジン型の代用品として人気があります。製氷皿はプラスチック製品も多いですので、シリコン素材であるか確認してから使用するようにしましょう。

シリコン製品以外にもあるレジン型の代用品

基本的にはシリコン製品のものが、硬化したレジンを取り出しやすく最適とされますが、レジン液の種類や扱い方によってはシリコン製品以外でも代用できます。
・グミやゼリー、プリンのカップや容器
食べ終わった後のグミやゼリー、プリンの容器を代用品として使用することが出来ます。子供のグミの型であれば、人気キャラクターの商品もありますので、専用モールドにはないバリエーションが楽しめます。また、プッチンプリンやゼリーの容器は花形を作るのに適しています。
・金属製のクッキーの型
金属製のクッキー用の型でも代用することができます。100均などでも入手しやすく、専用モールドより大きな作品を作りたいときには便利です。使用の際は、レジンが型にくっついてしまわないように、内側にセロハンテープ、底にビニールなどを貼っておきましょう。レジン液が漏れないように2~3重にしっかりと留めなければなりません。レジンを取り出しやすくするには、食用油やワセリンを塗ると良いでしょう。
・ストロー
筒形のチャームを作りたい時にはストローが便利です。硬化後は端をハサミで切って取り出せます。
・ビニール袋
薄い板状の作品作りに適しています。封入パーツ(押し花などの薄いパーツ)とレジン液をビニール袋に入れて、空気を抜きます。レジンはビニールにくっつかないので、硬化後は簡単に取り出せます。力が均一にいきわたるように、分厚い本や段ボールなどで挟むと綺麗に仕上がります。
・お弁当用の醤油さしやソースボトル
お魚などの可愛い形のソースボトルにレジン液を注いで硬化させます。硬化後は、カッターで切れ目を作って取り出します。

他にも、食べ終わったキャンディの袋をモールドの代わりに使用したりなど、アイデア次第で面白い形の型を作ることができます。

自分の好きな型を作れる便利商品!おゆまる

熱湯に入れると柔らかくなり、好きな形を作れるプラスチック製粘度おゆまる。簡単に好きな型を作れるとレジンクラフト作家の中で話題になっています。使い方は簡単!熱湯80~90度のお湯を耐熱容器に入れ、おゆまるを投入。2~3分で柔らかくなった、おゆまるを取り出し水分を取り除きます。柔らかいうちに型をとり、冷ましたら出来上がり!気に入った形のチャームなどがある場合は、おゆまるにそのチャームを押し付ければ、同じ形の型ができます。出来上がったおゆまるの型にレジン液を流して硬化すれば作品ができます。失敗しても、温めれば何度でも作り直しが出来るのも良いですね。おゆまるは100均ダイソーやセリアでも購入可能です。

レジン  レジン