セリアのカラーレジン液とダイソーのラメ入りレジン液の使い方

雑貨

カラーレジン液とは

レジンに色をつけるには、粉末タイプや液体タイプのレジン用の顔料を混ぜてつくりますが、レジン液に既に色がついているものもあります。
顔料を混ぜるには、レジン液の量と顔料の量の加減が難しかったり、良く混ざり合わなかったりと、うまくいかないことも。
自分の思い通りの色を出すには、経験者でも難しいことがあります。
また、色を濃くし過ぎると、紫外線が届かず硬化に時間がかかってしまったり、完全に硬化しないという失敗も。
既に着色させて販売されているレジン液を使えば、これらの失敗もなく、手軽にキレイなレジンを作ることができます。
1度に使いきれなくても、保存しておけるのも便利。

100均のセリアからは、たくさんの色のレジン液が販売されています。また、ダイソーからはラメ入りのレジン液が販売されています。
ラメを混ぜる際は、軽くて散らかりやすいという難点があるので、あらかじめラメが混ぜてあるレジン液は、とても便利です。
100均で購入できるという点でも、手軽に試してみることができます。
少し試してみたい方やアクセントとして少量使いたい方にはおすすめです。

セリアのカラーレジン液

セリアのレジン液のカラーバリエーションはとても豊富で、10種類以上もあります。
店舗により陳列されている種類は異なりますが、基本カラーはたいてい置いてあります。
「カラーUVレジンハードタイプ」という商品名で販売されています。内容量は4g。
半透明のクリア系の色が豊富で、クリアレッドや、クリアイエロー、クリアブルー、クリアグリーンなどなど。
他にもブラックやオレンジなど、たくさんの色のレジン液が100均で買うことができるので人気です。
これだけの色の種類があれば、自分の好みの色に出会えるでしょう。
更に混ぜて、オリジナルの色を作ることもできます。
手軽に色付きのレジン作りを楽しむことができるので、セリアで好みの色を探してみましょう。

ダイソーのラメ入りレジン液

ダイソーで購入できるラメ入りのレジン液は「UVクラフトレジン液ラメ・ハード」。内容量は5g。
既にラメが混ぜてあり、初心者にも経験者にもとても便利な商品です。
レジン全てにラメ入りのレジン液を使うと、下の絵柄が見えにくくなってしまったり、ザラザラ感が出てしまうという可能性も。
まずは、下地は透明(色付きでも可)のレジン液を使い、次の層でラメ入りのレジン液を使用すると失敗が少ないです。
ラメ入りのレジンを作る場合は、何層かに分けて作りましょう。
ラメ入りのレジン液は、硬化に時間がかかってしまうので、層ごとに少しずつ硬化していく方が早くキレイに仕上がります。
更に、トップコーティングとして、透明のレジン液を使えば、表面もツルツルにキレイに仕上がります。
100均のラメ入りレジン液はポイントやアクセントとして、少し使用するのにも便利です。

まとめ

あらかじめ着色してあるレジン液は、とても便利で初心者でも使いやすいです。
100均で販売されているという点も、購入しやすく、少し試してみることもできます。
色付きやラメ入りのレジン液は、硬化に時間がかかる傾向があるので、何層かに分けて硬化していくと失敗が少ないです。
色やラメを混ぜる手間がないので、100均の色付き・ラメ入りレジン液でレジン作りを楽しみましょう。

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です