100均材料「おゆまる」の使い方とUVレジン用型枠の作り方

おゆまるとは

おゆまるとは、プラスチック粘土の商品名。
80℃以上の温度のお湯に入れると柔らかくなり、形を自由自在に成形することができるのです。
温度が低くなると固まり、再びお湯に入れれば柔らかくなるので、何度でも形を作り変えることができます。
固まってもプラスチックのような固さではなく、ゴム程度の弾力のある柔らかさがあるので型から外すのも簡単。
セリアやダイソーやキャンドゥなどの100均でも手に入れることができて、とても手軽に楽しめるおゆまる。
100均の売り場では、文具売り場や手芸用品売り場にあることが多いので探してみましょう。

レジンの型枠がない時には、このおゆまるでお好みの型を作ることができるので、レジンクラフトの楽しみ方も広がります。
お気に入りのアクセサリーなど、同じ形のものをレジンで作りたい時にも、おゆまるは重宝します。
柔らかくなったおゆまるに、型を取りたいものを押し付けて、冷えて固まるのを待つだけです。
簡単に型を取ることができて、あとはレジンを流し込むだけという手軽さが人気の秘密。
おゆまるを使う際の注意点としては、80℃以上のお湯に入れるので、おゆまるも熱くなっています。
お湯からおゆまるを出す時や、型を取る時には、やけどをしないように注意しましょう。ゴム手袋などで熱さを防ぐことができます。
お湯の中で柔らかさを確認する時も、割りばしなどを使って、手を直接お湯に入れないようにしましょう。

レジン用型枠の作り方

おゆまるを使ってレジンの型枠を作るのは、とても簡単で、特別な材料も必要ありません。
お湯とおゆまる、割りばし、型を取りたいものがあれば、簡単にレジン型枠が出来上がります。

  1. 耐熱容器に80℃くらいのお湯を入れます。
  2. おゆまるの全体が浸かるようにお湯の中に入れ、しばらく待ちます。
  3. 割りばしなどで、おゆまるが柔らかくなっているか確認しましょう。
  4. 柔らかくなっていたら、おゆまるを取り出し水気を拭き取ります。
  5. おゆまるを軽く丸めて(やけどに注意)型を取りたいものを押し付けます。
  6. 細かい部分や隅々まで埋まるようにおゆまるを押し付けていきます。固くなってきてしまったら、再度お湯に入れると柔らかくなります。
  7. 冷めるまでそのまま置いておきます。急いでいる場合は、冷水に浸けたり冷蔵庫に入れると早く冷えて固まりやすくなります。
  8. 固まったら、おゆまるを外してレジン用の型枠の完成です。

この型に、レジン液を流し入れ、好きなパーツを埋め込んだり色を付けたりしてUVライトで硬化させれば、レジン作品の完成です。

まとめ

レジン枠は100均でも購入することができますが、好みの形がない場合には自分で型枠を作ってみましょう。おゆまるを使えば、とても手軽に好みのレジン用の型枠を作ることができて、レジンクラフトのアイデアも広がります。
お気に入りのチャームやアクセサリーなどをおゆまるに押し付ければ、簡単に型を取ることができます。
半球などの立体的なものも、おゆまるで型を取ることができるので、お気に入りのアイテムの型枠にレジンを入れて硬化させるだけという手軽さ。熱いお湯を使うので、やけどには十分注意してください。
おゆまるは100均でも購入できるので、おゆまるを上手に使ってレジン用の型枠作りを楽しみましょう。

レジン  レジン