プリンター補充インクでもできた!レジンの着色

雑貨

レジンを着色しよう

レジンをカラフルにしたい。そのためには着色剤が必要ですね。レジンの着色剤には様々あります。材料によって色の出方や透明感が異なるので、作りたい作品に合わせて使い分けてみましょう。最近では、専用の着色剤以外でも一味違った雰囲気を作るために、多様な素材を利用して、着色する作家も増えてきました。その中でも今回はプリンター補充インクに着目したいと思います。

プリンター補充インクでレジンを着色するメリット

プリンター補充インクは、100均でも購入可能です。エプソンなどの純正インクは、意外と高いと感じますが、100均であればコスパ良好ですね。しかも、プリンター補充インクは少量でレジンを着色できます。色を組み合わせて混ぜることで、カラーバリエーションを増やすことも可能です。また、プリンター補充インクで着色したレジンは、透明感があるクリアなカラーに。グミやキャンディーなどのスイーツモチーフはもちろん、海や空、鉱石風のデザインにもピッタリなんです。

プリンター補充インクでレジンを着色するデメリット

プリンター補充インクでの着色には、UVレジン、エポキシレジンのどちらでも使用されていますが、レジン専用品ではありません。したがって、レジン液の成分によっては、合わない可能性もあります。また、少量で着色できますが、量が多く入りすぎると硬化不良になります。プリンター用のインクですので、手についたら落ちにくいのも残念な点ですね。補充インクの容器で使いにくいと感じたら、別の容器に移して使用する必要もあります。専用品でない分、取り扱いには注意が必要ですね。

プリンター補充インクでのレジンの着色に必要なもの

カラーレジン以外を着色剤として使用する際に必要なものは、だいたい同じです。普段からレジンクラフトをしている方は、手元にあるもので着色していけると思います。
・プリンター補充インク
・レジン液
・クリアファイルやパレットなど
・シリコンモールドやミール皿など(型が必要な場合のみ)

プリンター補充インクでレジンを着色する方法

クリアファイルやパレットの上にレジン液をだして、補充インクを少量加えます。インクを入れすぎると硬化不良の原因になりますので、少しずつ好みの色になるまで混ぜ合わせてください。あとは通常通りモールドなどに流し入れて硬化させるだけです。ちなみに、マゼンタとイエローで赤系、イエローとシアンで緑系、マゼンタとシアンで紫系の色が作れるようです。色の組み合わせや量で、かなりのバリエーションを楽しめますね。

おすすめのプリンター補充インク

純正の補充インクは少々お値段が上がりますので、割と手頃なインクをおすすめします。・ダイソー インクプリンタージェット用詰め替えインク
1色25mlで108円という手頃さが魅力。補充インクでのレジン着色を試してみたい方におすすめです。
・エレコム 詰替インク5色パック
1色40mlのインクが5色パックに。通常使用での補充インクとしても、お手頃価格で人気があります。色数を増やしたい方におすすめです。

まとめ

様々な着色方法があるレジンクラフト。作品の幅を広げるには、レジンを着色するのが手っ取り早いですよね。同じモールドを使用しても着色剤によって、イメージが全然変わってきます。専用の着色剤を、使用しない場合はそれなりのデメリットはありますが、試す楽しさもあります。気になった方はぜひ、挑戦してみてください。

レジン  レジン