オススメのレジン液はコレ!人気のレジン液をご紹介

レジンアクセサリー

レジンクラフトに欠かせないUVレジン液は多くのメーカーから発売されています。透明感や硬化時間、匂いなどもレジン液によって様々です。今回はUVレジン液選びの参考になるように人気のレジン液をご紹介します。

KIYOHARA(清原) UVクラフトレジン

レジンクラフトの定番と言えばコレです。KIYOHARAのUVクラフトレジン液。多くの手芸店で取り扱っているので、入手も楽にできます。特にハードタイプが人気です。気泡も割合入りにくく、匂いもあまりありません。また仕上がりの透明度が高く、ベタつきも少ないうえに硬化速度が速いのも長所です。色の劣化についても黄色くなりづらいようです。リピート率も高く、レジンクラフトを始めた方なら、まず手に取る商品と言えるでしょう。価格は25gで1200円ほど。

パジコ 太陽の雫 ハードタイプ

気泡が出来にくく、できた気泡が浮いてきて潰しやすいことが特徴のパジコの太陽の雫は、より美しく仕上げたい方にオススメです。こちらも透明度が高く、硬化も速い。そして仕上がりのベタつきがほとんどありません。色の劣化に関しても最も黄色くなりづらいと好評です。価格は25gで1300円ほどと少々お高めですが、価格以外の面では、かなりオススメできる商品になっています。

ユザワヤオリジナル UVレジン液

安さで人気がある商品はコレ!25gで950円。100均以外のUVレジン液の中では、かなりお買い得です。大手の手芸メーカーだからこその価格だと思います。液のクオリティに関しては、ふつうです。意見は様々あるようですが、透明度も硬化スピードに関しても特に気になりません。アロマの香り付きなので、レジン液の独特のニオイが気になる人にはオススメです。ただし、仕上がりにベタつきが残りやすいです。硬化時間は長めにすると良いでしょう。

ルスターグロス 艶 UV007

安さとクオリティの両方を兼ね備えたベスト商品!!透明度、気泡、艶感が良く、清原、パジコと同様にクオリティの高いレジン液です。そのうえ、コストパフォーマンス良い!なんと25gが900円ほどです。しかもLEDライトに対応しています。LEDライトでの硬化はUVライトより速いのが特徴です。ただし、カラーのシリコンモールドは非対応なので注意してください。その場合はUV006を。さらに、UV007よりさらにサラッとしたタイプのUV008もあります。ルスターグロスの商品はそれぞれに特徴ある商品になっていますので、説明書きなどをご確認のうえ、用途に合ったものを選ぶようにしましょう。

100均(ダイソー、セリア)のUVレジン液

ダイソーは5g、セリアは4g入りのUVレジン液。どちらも少量で使いやすくお買い得なのがポイントです。気泡面ではダイソーの方が入りにくいですが、透明度はセリアの方が高めです。硬化スピードはセリア製品が勝っています。仕上がりのベタ付きが残りやすく、匂いはキツイことが残念なところです。カラーバリエーションならセリアが多いですが、ダイソーにはラメ入りがあります。ダイソーもセリアも1本が少量なので、種類を沢山集められるというメリットがありますね。100均のレジン液でも十分に魅力的な作品が作れますので、初心者で悩んでいる方は、まず100均の材料で始めてみてはいかがでしょうか?

このようにメーカーが違えばレジンの長所が違ってきます。どれが一番良いというよりは、自分の作品にあったレジン液を選ぶことが大切です。

レジン  レジン