UVレジンを使った球体の作り方

UVレジンで球体を作る材料

・UVレジン液
・半球型のソフトシリコンモールド
・デザイン用パーツやカラー顔料
・つまようじ
・ヤスリ
※太陽光でも硬化できますが、UVライトがあると作業時間が短縮されます。
また、レジンクラフト用のシリコンモールドでなくても、シリコン製の製氷機や“おゆまる”という樹脂粘土で型を作ることも可能です。

UVレジンを使った球体の作り方

1. 色付きの球体を作る場合は、初めにカラー顔料をUVレジン液に混ぜて色付けしておきます。
2. 半球を作ります。半球型のシリコンモールドにUVレジン液を入れます。デザインとして封入したいパーツがある場合はここで入れておきます。
3. 気泡を取り除きます。つまようじで潰すかドライヤーで温めると気泡が消えていきます。また、気泡をデザインとして活かすという方法もあります。
4. 硬化させます。一方の半球を接着しやすいように、しっかりと硬化させてください。
5. もう一つ半球を作ります。同様に半球型シリコンモールドにUVレジン液を入れるのですが、少し少なめに入れることがポイントになります。
6. 5で硬化させたUVレジン液少なめの半球の上に、UVレジン液を加え、その上に初めに作った半球を乗せましょう。5で少なめにしていたことで、ズレが軽減されます。
7. しっかりと硬化します。
8. シリコンモールドから取り出し、バリ取り(はみだしたレジンをヤスリで取り除き、全体を滑らかにすること)をしたら完成です。

この球体作りに慣れて、さらに美しい球体が作りたい場合は、初めに作ったようなきっちりとした半球を二つ作り、片方に薄くレジン液を塗り、つなぎ目が縦になるようにシリコンモールドに入れて硬化させます。これでかなり完成度の高い球体になります。

球体レジンのアレンジ

・球体に模様を描く
シリコンモールドの表面にのみレジン液を塗り、レジン液を付けた筆で色付けし乾燥させ、さらにレジン液をモールドに流し入れ硬化させる方法があります。
・デザインパーツを封入する
デコレーションパーツやドライフラワー、小さな小物の他、折り紙で作った鶴などを封入して固めるとオリジナルらしいアクセサリー作りを楽しめます。
・あえて気泡をデザインの一部にする
初心者だとどうしても気泡が入ってしまい、取り出すのも難しいと思う方もいれはず。そんな時はデザインの一部にしてしまいましょう。海や宇宙っぽい色使いでデザインすることで、気泡に違和感がなくなります。
・空洞を作って封入する
モールドの表面のみにレジン液を硬化させ、中心に空洞を作ります。その中にパールやどらフラワーなどを入れると、球体の中でパーツが揺れ動くデザインを作れます。

球体レジンで人気のデザイン

・スイーツチャーム キャンディーのような可愛い色使いがポイント
・ビー玉モチーフ ドライフラワーやキラキラ系パーツで大人可愛く
・シャボン玉モチーフ リアルなカラーリングでシャボン玉っぽさを出したい
・金魚鉢チャーム 金魚モチーフを封入し、リアル感を出せば夏らしく斬新なアクセサリーに
・宇宙モチーフ ブルーやラメで星屑いっぱいの宇宙を表現
・シンプルな押し花チャーム 押し花一枚をクリアレジンで封入し、女性らしいデザインに

レジン  レジン