スイーツデコパーツの作り方!ソフトタイプレジン液を使う方法

UVレジンソフトタイプとは

紫外線に当てて固めるUVレジンには、ソフトタイプとハードタイプの2種類があります。ハードタイプは、硬化すると、カチカチに硬くなり、プラスチックのような質感に仕上がる素材です。ミール皿や空枠、シリコンモールドを使ってレジンパーツを作るのに適しています。また、紙粘土で作ったデコスイーツのコーティングに使ったり、中にお気に入りのパーツを閉じ込めたりと、使い方は色々とあります。

UVレジンのソフトタイプは、硬化後もゴムのような柔らかさが残り、折り曲げることもできるほど。リボンや布テープに貼り付けて、ブレスレットのような柔らかいアイテムを作るにも適しています。肌に触れても痛くないので、ペンダントトップにしても良く合います。また、スマホケースカバーにソフトタイプレジンでデコレーションすれば、衝撃を吸収してスマホケースもスマホ本体も守ってくれます。
硬化後の柔らかい仕上がりを活かして、自由にカットできるので、デコスイーツの素材パーツを作るにも適しています。

フレーク素材の作り方

スイーツにトッピングするフレーク状のパーツをUVレジンのソフトタイプの特性を活かして手作りしましょう。
イチゴゼリーのフレークは、ソフトレジンに赤の着色料で着色して、クリアファイルやシリコンマットの上に流します。UVライトや日光の紫外線に当てて硬化させたら、ゆっくりと剥がしましょう。
これを、カッターやヘラなどを使って、細かくきざんでいきます。手を切らないように注意しながら作業しましょう。これでゼリーフレークの完成です。色を青に着色すれば、ブルーハワイのゼリーフレーク、グリーンに着色すれば、メロンソーダのゼリーフレーク、というように、色々な味(色)のゼリーフレーク素材を作ることができます。黄色に着色してレモンゼリーフレーク、オレンジに着色してオレンジゼリーフレーク、紫に着色してグレープゼリーフレーク、などの味(色)も出すことができます。
自由にカットできるソフトレジンタイプならではの使い方です。

シリコンモールドを使った方法

ソフトレジンは、グミのような柔らかさがある素材なので、本物のグミそっくりのスイーツを作ることができます。ドロップ型のシリコンモールドを利用したり、フルーツ型のシリコンモールドを利用したりして、美味しそうなグミを作りましょう。
クッキーやチョコレート用の型枠でもUVレジンスイーツを作ることができます。ウサギやクマなどの動物の型枠を使ってカワイイグミやキャンディーをレジンで簡単に作れるので、カラフルに着色して美味しそうなスイーツレジンを作りましょう。

まとめ

UVレジンのソフトタイプは、硬化しても完全にカチカチにはならずに、ゴムのような柔らかさが残る素材です。そのため、カッターやはさみを使って、自由な形にカットすることができるので、フレーク素材などのトッピング材料を手作りすることができます。
グミのような柔らかさを活かして、本物そっくりのグミを作ることも簡単です。シリコンモールドを使って手軽にスイーツレジンを楽しみましょう。
UVレジン液のソフトタイプは、100均でも購入することができるので、手軽に手に入れることができます。

レジン  レジン