UVレジンで簡単かわいい!ぷっくりピアスの作り方

UVレジンを使えば、簡単で可愛いアクセサリーが作れます。今回は数あるアクセサリーの中でも人気なピアスの作り方をご紹介します。レジンを使えばぷっくり可愛く仕上がりますよ。

UVレジンのピアスに必要な材料

・UVレジン液(ハードタイプ)
100均の物やカラーレジンでも大丈夫です。ソフトレジンだと、指紋が付きやすく初心者には扱いにくいため、今回はハードタイプを使用しました。

・シリコンモールド(型)
100均でも沢山種類があります。手芸店では、大きさ違いの物や色んな動物の形が一つにまとまった物もあります。両耳のピアスを一度に作りたい場合は左右対称でセットになった物なども便利かもしれませんね。

・ピアス金具(台座付き、貼り付けタイプ)
手芸店でも1セット100円程度で売っています。チタンや樹脂タイプなど肌質に合わせた金具を用意しましょう。

・ピンセット
デコパーツをなど小さな物を配置する時や、硬化したレジンモチーフにレジン液やニスを塗る際に便利です。

・つまようじ
気泡をつぶす時、カラー顔料を混ぜる時に使用します。細めの串も便利です。

・デコパーツ(ラメ・シール・花・スパンコールなど)
100均、手芸店には沢山の種類のデコパーツがあります。作品を可愛く華やかにしてくれるデコパーツを選びましょう。また、ネイル用品やモールドに収まるくらいの小さな雑貨や人形等を使用することもできます。

・UVライト
太陽光でも硬化しますが、UVライトなら短時間の硬化が可能になり、より作品つくりを楽しめるようになります。UVライトと言ってもピンキリで、安い物であれば2000円くらいで売っています。
・金ヤスリ
ペーパータイプやネイル用のヤスリでも問題ありませんが、100均の工具売り場にある、細くて小さな金ヤスリで3本セットになったものがオススメです。シリコンモールドの作品の場合、細かい形状の物もありますので、隙間も磨ける方が何かと使えます。

・接着剤
アロンアルファ、100均などの速乾性の接着剤はレジンモチーフと金具を引っ付ける際に使用します。UVレジン液を付けて硬化させることもできますが、UVライトに入れる際に動いてしまうこともありますので、あらかじめ接着剤で固めておくと失敗が減ると思います。

UVレジンで簡単かわいい!ぷっくりピアスの作り方

1. お好みのシリコンモールドにUVレジン液をいれます。
2. お好みのデコパーツを入れ、つまようじで気泡をつぶします。
3. UVライトで照射して硬化させます。約5~10分
4. 色を付けたい場合は、硬化したレジンの上にネイルやラメで色付けしさらにUVライトで硬化させます。
5. シリコンモールドからレジンモチーフを取り出します。
6. 側面に凸凹が出来てしまったら、金ヤスリで削って綺麗にします。この時、削り跡などが気になる場合は、さらに上からUVレジン液を薄く塗って固めるか、ニスでコーティングしてください。
7. 裏面にピアス金具を付けます。ピアス金具の台座にUVレジン液または、接着剤を塗って一度硬化させた後、レジンモチーフとピアス金具の台座のつなぎ目を覆うようにUVレジン液を塗って硬化させ強度を高めます。

たったこれだけの工程で出来上がりです!シリコンモールドやデコパーツの種類を変えるなど簡単に応用できて、沢山の種類を作ることが出来ます。吊り下げるピアスのような穴開け作業、細かい金具の利用などといった煩わしい作業は一切なし!初心者でも子供でも簡単に可愛いアクセサリーを作ることが出来ます。

レジン  レジン