100均iPhoneケースをレジンでコーティングする作り方

手作り

100均iPhoneケース

iPhoneなどスマホを保護するスマホケース。本体を保護するためのカバーなので、キズがついてしまったり、割れてしまったりするのは仕方のないこと。
スマホケースは消耗品としてこまめに買い換えをしている人も多くいます。
100均でもiPhoneなどのスマホケースを購入することができます。100円だから品質が心配と考える人もいますが、品質もよく十分に使えると評判です。
100円という手軽に購入できる価格なので、レジンなどでデコるにも思い切ってできます。レジンでコーティングすることによって、スマホケースの強度も増します。壊れにくくなるのでレジンコーティングはおすすめです。
透明ケースやシンプルな柄のケースを選んで、レジンでおしゃれにデコレーションしましょう。

UVレジンでコーティング

UVレジンは、紫外線に当てるだけで固まる紫外線硬化樹脂。ハードタイプとソフトタイプがあります。
ハードタイプは、まさにスマホケースのハードタイプと同じような質感で、ソフトタイプは、スマホケースのソフトタイプと同じように軟らかく曲げることもできる質感です。
UVレジンでスマホケースをコーティングする場合は、ハードケースにコーティングしましょう。ソフトケースでは、レジンが剥がれてしまう可能性があります。
お好みのタイプのレジン液を選んで、スマホケースのハードケースをコーティングしましょう。

UVレジン液

ハードタイプ、ソフトタイプのレジン液ともに100均で買うことができます。
色を付ける着色料やラメパウダーなど、さまざまなレジン用品を100均で揃えることができるのでとても便利。
セリアでは、既に着色されているカラーUVレジン液もあります。マニキュアで下地に色を塗ってからレジン液でコーティングするという方法もあります。

人気の宇宙塗りや銀河塗りや海塗りと呼ばれる塗り方はマニキュアで下絵を描いていきます。マニキュアも100均で購入することができ、種類もかなり豊富に揃っているので、お好みの色を選んで使いましょう。レジン用のモールドに比べてスマホケースは範囲が広いので、グラデーション用には各色2本くらいずつ準備しておくと、たっぷりと使えキレイに発色させられます。
100均のレジン液は、内容量が4~5gなので、スマホケース全体に使用する場合は、2本くらい準備しておくと安心です。部分的にレジン液を垂らして模様を付ける場合には1本で十分です。

100均のレジン用品売り場には、メタルパーツやチャームなどの封入パーツもたくさんの種類のものが揃っています。お好みのパーツを閉じ込めてレジン液でコーティングすれば、オリジナルのスマホケースが簡単に作れます。

まとめ

100均で購入できるiPhoneなどのスマホ用のケースは、品質も良く、デコるにも思い切ってできるので人気があります。消耗品のスマホケースは、すぐに割れたり壊れたりしてしまうもの。買い換え頻度の高いアイテムなので、100均のスマホケースが便利でお得でおすすめです。
レジンでコーティングしたりデコったり、100円には見えない程の作品に仕上げることができます。
お気に入りのパーツを閉じ込めたり、お気に入りの柄の台紙を貼ったりしてレジンでコーティングすれば、スマホケースの強度も増して、おしゃれなケースの出来上がりです。スマホケースをおしゃれにデコりましょう。

レジン  レジン