貝殻とUVレジンで海をイメージしたレジンアクセサリーの作り方

海で拾った貝殻

夏の思い出にと、海で拾ってきた貝殻たち。その貝殻とUVレジンを使って、ステキなアクセサリーを作りましょう。
親子で一緒に作る夏休みの工作にも最適。UVレジンは、大人から子供まで楽しめる安全な手作りクラフトです。
色々な形の貝殻を集めるだけでも楽しめますが、アイデア次第でアクセサリーやインテリアにもアレンジできます。UVレジンと組み合わせて、貝殻工作を楽しみましょう。

貝殻の下準備

海で拾ってきた貝殻は、使う前によく洗って汚れを取り除いておきましょう。雑菌が心配な場合は漂白剤に浸けて、殺菌消毒することができます。
貝殻には、細かい砂や微生物などが付着している可能性があるので、塩素の入っている水道水でしっかりと洗いましょう。

貝殻に絵付けしよう

貝殻の内側と外側の両方に好きなカラーで色付けしましょう。内側には、透明レジン液を入れて固めます。パーツの配置も考えながら絵付けをしましょう。
油性ペンやポスターカラー、マニキュアなど、お好みの色で塗ったり絵を描いたり、イメージに合わせてオリジナルの貝殻に加工できます。
シール型のラインストーンやデコシールをはっても可愛い仕上がりになります。

UVレジンを入れよう

カラフルに絵付けした貝殻に、レジン液を入れていきます。中に入れたいパーツやホログラムなどはお好みのものを用意しましょう。パールやビーズ、スパンコールなどもおすすめです。貝殻を砕いたシェルパウダーも合います。イメージを膨らませて、オリジナルのパーツを閉じ込めましょう。

材料

・絵付けした貝殻
・UVレジン液ハード
・中に入れるパーツ(パールやビーズ、スパンコールなどお好みのもの)
・UVライト(ない場合は太陽光で固められます)

作り方

  1. 絵付けした貝殻の内側に、透明UVレジン液を流し入れます。こぼれないように注意して入れましょう。
  2. 中に入れるパーツを配置していきます。UVレジン液は紫外線に当てるまで固まらないので、何度でも配置をやり直すことができます。パーツが多いと固まりにくい場合があるので注意しましょう。
  3. そっとUVライトに入れて硬化させます。または、太陽光の紫外線に当てて硬化させます。UVライトの場合は3~5分ほど。太陽光の場合は30分程を目安にしましょう。パーツの陰となる部分にも紫外線が当たるように、向きを変えて色々な方向から紫外線を当てましょう。
  4. 完全に固まったら、オリジナルのUVレジン入り貝殻の完成です。

まとめ

貝殻は、さまざまな形や色のものがあり、拾い集めるだけでも楽しいもの。夏の思い出に集めた貝殻とUVレジンで素敵な作品を作って工作を楽しみましょう。
貝殻の模様をそのまま利用してもステキですが、絵付けをしたり色を塗ったり、オリジナルの貝殻に加工してからUVレジン液を流し入れるのも楽しい作品になります。親子で簡単に工作できるのでUVレジンはとても人気があります。
UVライトがなくても、太陽光の紫外線に当てて固まらせることができて、手軽に楽しめるので初心者でも簡単に手作りクラフトを体験できます。アイデア次第でさまざまなアイテムに使えるUVレジン。
中にお好みのパーツを閉じ込めで、お気に入りのレジンアクセサリーに加工することも。貝殻と組み合わせて楽しい工作を体験してみましょう。

レジン  レジン