花がモチーフのUVレジン作品のご紹介

押し花

UVレジンの人気作家さんの作品の多くに、綺麗な花モチーフの作品が登場します。同じ花がモチーフの作品でも作り方は様々。生花を封入したものから、ドライフラワーやクラフトペーパーを使用した物まであります。今回はそんな人気の花モチーフの作品をご紹介します。

押し花を封入したUVレジンアクセサリー

初心者でも簡単に作れる花モチーフの作品の一つに、押し花を封入したアクセサリーがあります。ミール皿やシリコンモールドに押し花とお好みのパーツやラメを入れ、UVレジン液を流しこみ硬化させた作品です。花の持つ美しい色合いを楽しめる人気の方法です。また、花もそれぞれに個性がありますので、世界に一つのオリジナルの作品になること間違いなしです。封入用の押し花は、花やで買ってきた花でも道に咲いている草花でもかまいません。自身で厚い本に挟んで作ることも可能ですし、シリカゲルとレンジを使ってドライフラワーを作ることもできます。また、最近では100均や手芸店にて封入用の小さなドライフラワーや花びらが購入できます。

花の形を活かしたUVレジンアクセサリー

押し花やドライフラワーに直接UVレジン液を塗ることも可能です。花の形によっては細かい作業となりますが、少しずつ丁寧にレジン液を塗って硬化させると、花の可愛らしい形を活かしたUVレジンチャームが出来上がります。UVレジン液を使うことで、花の上にパールなどのデコレーションを付けることもでき、本格的で美しい作品となります。一つの花全体を使っても良いですし、葉や花びらだけを使用しても可愛いですよ。

花モチーフの空枠やモールドで作るUVレジンアクセサリー

上記2点は実際に花を使用したレジンアレンジでしたが、花を使わない方法もあります。花モチーフの空枠やシリコンモールドに、カラーレジンやマニュキュアなどで色付けした作品もあります。この方法では、宇宙柄や海柄のような模様の花など独自のデザインを楽しめることが出来ます。もちろんドライフラワーや押し花をさらに封入しても可愛いチャームになります。また、最近ではワイヤーなどを使って、花の形を作り、そこにUVレジン液を流し込んで花を作る方や、花の形にしたワイヤーにレジン液を塗って硬化させる方もいます。この方法は少々、上級者向きではありますが、オリジナル作品としてのレベルアップになるとも思いますので、気になった方は、ぜひ挑戦してみてください。

花柄のデザインペーパー、フィルム、布で作るUVレジンアクセサリー

100均や手芸店で購入できる花柄のデザインペーパーやデザインフィルム、花柄の布を利用した作品作りも人気です。花柄の部分をハサミで切り取って、UVレジン液で硬化させたり、封入させて作ります。押し花やドライフラワーのように花に対して気を使わなくて良いので、初心者でも扱いやすいと思います。

まとめ

一言で花モチーフのアクセサリーと言っても、作り方は色々あります。あまり難しく考えず、出来そうな方法から挑戦してみてください。また普通のドライフラワーや押し花では、弱くてアクササリーには向きませんが、UVレジンでコーティングしてあげることで、穴なども開けられるようになりますので、アレンジの幅が広がりますよね。

レジン  レジン