簡単ぷっくりかわいいレジンアクセサリーの作り方

アクセサリー

UVレジン(樹脂)を使うと簡単に本格的なアクセサリーを作ることができます。
型に流し込んだり、パーツを組み合わせてみたり、花やシールを使ってみたりと、アレンジ次第で色々なパターンのアクセサリーを作れることで人気があります。
そんなUVレジンの基本の作り方をご紹介したいと思います。

レジンアクセサリーに必要な道具

・UVレジン液
紫外線を当てることによって硬化する樹脂液のことです。ハードタイプとソフトタイプがあります。ハードは仕上がりが硬め、ソフトは柔らかめになりますので、用途によって使い分けされます。アクセサリー作りには透明度が高めで扱いやすいいハードタイプが人気です。色の付いたカラーレジンもあります。

・UVライト
UVレジン液は日光でも硬化しますが、時間がかかります。ネイルアートでも使われるUVライトを使用すると、レジン液の量にもよりますが1回3~5分で固めることが出来るためスムーズに作業を進めることが可能になります。

・シリコン型やフレームパーツ
レジン液を流し込んで型どおりに固められるシリコン型は非常に便利です。猫やハートなどの可愛い形だけでなく、ボタンや指輪などは、型に液を入れて固めるだけで出来上がりです。
フレームパーツもまた、フレーム内にレジン液やデコレーションパーツを入れて固めるだけでアクセサリーのチャームが作れるため初心者の方でも取り組みやすくなっています。

・デコパーツ
ラメやドライフラワー、デザインシールなど、レジンの中に封入するパーツがあるとアクセサリーが華やかになります。デザインの要といえる材料です。ネイルアート用でも問題ありません。

・アクセサリーパーツ
固めて出来上がったレジンをピアスやネックレス、ヘアゴムなどに変身させるためのパーツです。パーツショップなどには、目的ごとに必要なパーツが揃っています。作りたいアクセサリーが決まっている場合は、ショップ店員さんにアドバイスを貰って購入すると分かりやすいと思います。

・ピンセットやペンチなどの工具
デコパーツを使用する際やレジンを塗るときに、ピンセットを使うと指紋が付きにくく、簡単です。アクセサリーパーツを繋げる際(丸カンの開閉など)にはペンチが必要です。
また、細かい作業用につまようじやレジンの形を整える小さなヤスリがあると便利です。
必要な道具をいろいろと挙げましたが、ほとんどの物が100円均一で手に入ります。
100円均一で試してから、本格的に手芸屋などの材料を揃えてみても良いかもしれませんね。

UVレジンアクセサリーの基本の作り方

UVレジン初心者さんにオススメ!ミール皿を使ったチャーム作り

1. ミール皿と呼ばれる底のあるフレームパーツとコラージュ用のデザインペーパーを用意します。
2. ミール皿に収まるサイズにデザインペーパーを切ります。
3. ミール皿にUVレジン液を少量流し込み、全体に広げたら、デザインペーパーを上に置いてはめ込みます。
4. UVライトで約5分照射(使用する液や作品の大きさで硬化時間は異なります)
5. ライトから取り出したらレジン液を薄めに流し、お好みでラメなどのデコパーツを入れます。
6. その上から更にレジン液を流し込みUVライトで約5~10分照射。(液が表面でふっくらとなるまで重ねると綺麗に仕上がります)

どの作品も基本は「レジン液を流し込んで固める」を繰り返すだけです。
レジンアクセサリーはとても簡単にできます。
ぷっくりと可愛く出来上がったチャームは丸カンを付けてネックレスやストラップにすると、本格的な手作りアクセサリーの完成です。

レジン  レジン