100均の空枠を使ったレジンの作り方と宇宙塗りのやり方

UVランプ

人気の宇宙柄

UVレジンアクセサリーで人気の柄の一つに宇宙があります。青く神秘的に輝く宇宙を透明感のあるレジンに閉じ込めて、オシャレなレジンアクセサリーを作りましょう。
宇宙柄の台紙やフィルムは、100均でたくさんの種類が販売されています。中に封入するパーツも、宇宙をモチーフにした素材が豊富。
ミール皿や空枠も、土星型や星型など、宇宙に関連する形のものが100均で手に入れることができます。
ラメやホログラムを使って、星の輝きや銀河を描き、人気の宇宙柄のレジンを作りましょう。

100均の宇宙塗り材料

UVレジンとマニキュアを使って宇宙を描く「宇宙塗り」も人気があります。材料となるUVレジン液やマニキュアは、100均でも手に入る手軽さから、レジン愛好者の誰もが宇宙塗り作品を作ってみたいと考えているもの。
難しそうに思える宇宙塗りも、コツをつかめば簡単に作ることができるようになります。
ミール皿を使った宇宙塗りが簡単ですが、空枠を使った宇宙塗りも挑戦してみましょう。

空枠も100均でさまざまな種類のものが手に入ります。お好みの空枠を選んで、宇宙塗りレジンを作りましょう。
宇宙塗りに必要な、UVレジン液、マニキュア、空枠の全てが100均で揃います。マニキュアは、カラーバリエーションが豊富に販売されているので、濃い青から薄い青になるようにグラデーションを作れる何色かを用意しましょう。ラメ入りやパール入りも輝き方が綺麗なのでおすすめです。

空枠に宇宙塗りする方法

材料
・空枠
・透明UVレジン液ハード
・マニキュア(紺・青・水色・ラメ)
・マスキングテープ

  1. 空枠の裏面に、マスキングテープを貼ってレジン液が漏れないようにします。
  2. レジン液を空枠に薄く流し込み、硬化させておきます。
  3. 硬化したレジンの上に、マニキュアで夜空のグラデーションを描いていきます。濃い色から薄い色へと塗っていきましょう。色の境目は重ねて塗り、少し混ぜ合わせます。自然なグラデーションになります。
  4. マニキュアをよく乾燥させて、乾いたらラメのマニキュアを全体的に薄く塗っていきます。厚く塗り過ぎると下地のマニキュアが見えにくくなってしまうので薄くぬりましょう。
  5. 時間をかけてよく乾燥させます。数時間かけて乾燥させましょう。表面が乾いていても内部が乾いていない場合もあるのでしっかりと乾燥させることがポイントです。
  6. 完全に乾いたら、空枠いっぱいにレジン液を流し入れ、硬化させます。
  7. 硬化したら、マスキングテープを剥がして裏面にも薄くレジン液を塗り、硬化させます。マスキングテープの跡が綺麗になくなります。完全に硬化したら完成です。

まとめ

UVレジンアクセサリーで人気の宇宙柄。ミール皿やシリコンモールドなど、宇宙をイメージさせる型枠がたくさんあります。
100均でも、たくさんの種類の宇宙柄の材料が販売されていて、手軽に手に入れることができます。
空枠を使ったレジンアクセサリーは、ミール皿で作るより一手間かかりますが、本格的なレジンアクセサリーを作ることができます。
空枠を使って宇宙塗りレジンが作れるので、100均で材料を揃えて挑戦してみましょう。マスキングテープで、底面を覆えばレジン液が漏れるのを防ぐことができるので簡単です。
マニキュアのカラーバリエーションも豊富なので、色々なカラーを使って作ってみましょう。

レジン  レジン