球体&マーブル模様で惑星のようなレジンクラフトを作ってみよう!

ビーズレジン

レジンクラフトでも球体型はとっても人気です

パールや惑星、水晶などを思わせる球体型はレジンを使ったジュエリーや小物にも人気のモチーフです。そして単色でも可愛らしく美しいデザインに出来る球体型ですが、マーブル模様に挑戦して、もっとおしゃれに作ってみませんか?地球を始めとする惑星やパワーストーンの様にちょっと神秘的なデザインも作ることができます。今回はUVレジンで作るマーブル模様の球体の作り方を記載していきます。

最初は1色のカラーで作ると作りやすいです

マーブルというといろんな色が混ざり合っているイメージもあると思いますが、まずはマーブルの模様を作る練習をしましょう。透明なレジンに1色の色を入れてもビー玉の様にきれいにできますよ。

<用意する物>

・UVレジン液

・球体を作れるシリコンモールド※できれば1つの型で球体を作れるもの

・カラーパウダーもしくはレジン用着色剤

・UVライト

・竹串かつまようじ

・お弁当に使うシリコンカップかクッキングシート

<作り方>

1.シリコンモールドにレジン液を流し込みます。この時、ほんの少し上の縁との間にレジン液が入らないようにするとこぼさずに作業ができます。

2.シリコンカップやクッキングシートの上でレジン液に色付けをします。少量のレジン液に少しずつ色付けをする材料を混ぜて好みの濃さにします。

3.1に色を付けたレジン液を入れます。やり方は竹串またはつまようじの先に2で色付けをしたレジン液を取り、シリコンモールドの中に入れて軽く混ぜます。濃さは調整してください。あまり混ぜるとマーブル模様ではなくなるので軽く数回混ぜる程度にします。

4.混ぜ終わったら、シリコンモールドの縁まで透明なレジン液を入れ、UVライトで硬化させます。今回は立体なので厚みがあります。時間をかけて硬化させていきます。ベタつき感や固まり具合の確認はつまようじなどで行うのがベストですが、手で触った場合、触った部分がくもる可能性があるので硬化させた後でレジン液を極薄く塗るか、透明なマニキュアでコーティングしましょう。

本体にも色付けをしてマーブルにする場合

透明な球体にマーブル模様を付ける時は透明なレジン液を最初に入れましたが、本体になるレジン液に色を付けたい場合は、量が多めなので紙コップやプラスチックのコップにレジン液と本体の色の色付けの材料を混ぜてからシリコンモールドに入れます。少し多めに作っておくと縁までレジン液を入れる時に足りなくならず安心です。マーブル模様にしたいレジン液の作り方は上記と同じです。

色の付け方はビー玉のようにしたい場合は薄め、もしくはクリアタイプの着色用レジンを、惑星の模様やキャンディーのようにしたい場合は濃い目にするか、シルキータイプの着色用レジンを使用しましょう。

混ぜ方がコツ!意外と簡単にできるマーブル模様の球体

緩やかなマーブル模様にする時は混ぜる回数を少なめにして、細かなマーブル模様にしたいときは多めに、かつ本体のレジン液の色付けになってしまわない程度に混ぜます。本体のレジン液にちょっぴりラメを絡めてもきれいです。最初は難しいかもしれませんが、何度か練習してみましょう。色の組み合わせ次第で何通りものデザインを作ることができてとても楽しいマーブル模様の球体。小物にもジュエリーにも需要大です。ぜひマスターしたいですね。

レジン  レジン