樹脂ジュエリー作りにピッタリ!セッティングについてご紹介!

レジンアクセサリー

レジン用品でよく聞くセッティングとは何だろう

色々な呼び方がありますが、セッティングとはレジンクラフトやレジンを使って作る樹脂ジュエリーに使う枠のことをセッティングと呼びます。セッティングには2種類あり、底があるセッティング皿又はセッティング皿と枠だけのセッティング枠があります。どちらもレジン液を塗ったり流し込み、色付け、装飾をして作品を作っていきます。

セッティングには他の呼び方もいくつかあり、それぞれセッティング皿のことをミール皿、セッティング枠のことをフレームや空枠と呼ぶこともあります。

セッティングに向くデザイン、向かないデザイン

セッティングを使うと、平面的な物や表面をちょっとだけぷっくりとさせたデザインを作ることができます。半面、厚みのあるデザインや立体的なデザインのものを作るにはセッティングは向きません。

また、セッティング皿は底があるので透明感があるものよりマットなデザインをレジン液に閉じ込めるように作成していきます。宇宙塗りに使用されることが多いのもセッティング皿です。額縁やアンティークな鏡のようなデザインの物も多く、ブローチやペンダントに最適です。

逆にセッティング枠は底がないので透明感を出すことができます。枠の幅もいろいろあるのでセッティング枠だけでもデザインの幅が広がります。ただ、細い枠のセッティング枠でレジンクラフトを作る時にはちょっと技術が必要になります。

どちらにも枠に紐やチェーンを通せるような穴が付いている物が多いので、作ったらすぐ、ジュエリーにすることができます。

セッティングはいくらで、どこで購入できるの?

セッティング皿、枠共に100均で108円から購入することができます。大きさによって1つのパッケージに2つ、3つほど入っているものもあるので、安心して練習することができます。更にインターネット通販だと、何十個も入ったセットや福袋が1000円以内で購入することもできます。セッティングはレジン液を流し込んだら、シリコン型の様に外すことができないので繰り返し使うことはできませんが、1つ1つの単価が手軽なのでたくさん作ることができます。

セッティングにはどんな形、どんなデザインのものがあるの?

レジンクラフトは、最近とても人気が出てきています。それに伴いセッティングも皿、枠共にたくさんの形やデザインの物が販売されています。シンプルにマルや資格、三角といったものから動物、月や惑星のような天体に関するデザインの物など実に様々です。更にはすでにヘアゴムにくっついているもの、リングにセッティング皿が付いている物、バレッタについているものなどもあり、とても便利です。

とても種類が豊富でセッティングを見ているだけでも楽しくなってきます。そこへ自分の思い描いた色や封入物を使用してデザインしていくのは本当にワクワクします。

たくさん練習して、レジンクラフト作りで副業も!?

セッティングを使ったレジンクラフトや樹脂ジュエリー作りを何度も何度も繰り返して、きれいに作れるようになったら、自分で使うだけでなく、誰かにプレゼントをしたり、バザーなどで販売できるようになれたらいいですよね。最初は失敗することも多いと思いますが、無理をせずコツコツ継続していけばきっと上手になり、レパートリーも増えていくはずですよ。

レジン  レジン