宝石に匹敵!ジュエルの輝きを放つレジン作品の製作方法の数々

アクセサリー

思いのままの宝石が手軽に作れる

宝石をあしらった、ファッション・アイテムは、いろいろとありますが、それなりに高価であり、自分の思ったデザインのものは、なかなか出会えないものです。しかしUVレジンを活用すれば、珊瑚、ムーンストーン、ターコイズ、トパーズ、ラピスラズリなど本物と見間違う程の宝石が作れます。UVレジンで固めることによって、好きな大きさ、好きな形、好きな色合いの本物のような宝石が手軽に手に出来るのです。ブレスにもネックレスにもと思いのままになります。その上、材料と言えば100円ショップで手に入るものばかりなので、誰もが興味を引くところではないでしょうか。それでは、このジュエルパーツ・アクセサリーの製作方法について説明していきます。

ムーストーン

UVレジン(ハード)、透明顔料(スノーホワイト、マリンブルー、ラベンダー)、ジュエルモールドなどの宝石型の型、星の欠片パーツを用意します。型に流し込む一層目には、スノーホワイトと透明のレジンを入れて2分程UVランプを照射して固めます。二層目にはマリンブルーとラベンダーに着色したレジンと星の欠片を混ぜてから固めます。三層目は、一層目と同じにして固めます。

ターコイズ

UVレジン(ハード)、樹脂粘土a(モデナI、モデナソフトI、モデナカラー・ブルーG、モデナカラー・イエローE)、樹脂粘土b(モデナカラー・ブラックC)を用意します。アルファベットはパジコカラーの分量を表します。樹脂粘土aを予め混ぜてから、樹脂粘土bとマーブル状になるように混ぜます。型を取って乾かします。その後UVレジンを塗り、UVランプを2分照射して完成です。

象牙

UVレジン(ハード)、樹脂粘土a(モデナI、モデナソフトH)、樹脂粘土b(モデナカラー・イエローA1/4、モデナカラーA1/8)を用意します。樹脂粘土aとbを予めそれぞれ混ぜてから、aとbを少しずつ加え、色の頃合いを整えます。型を取って乾かします。その後UVレジンを塗り、UVランプを2分照射して完成です。

赤珊瑚

UVレジン(ハード)、樹脂粘土a(モデナカラー・レッドI)、樹脂粘土b(モデナカラー・イエローオーカーE)を用意します。樹脂粘土aとbを少しずつ混ぜマーブル状にします。型を取って乾かします。その後UVレジンを塗り、UVランプを2分照射して完成です。

トパーズ

UVレジン(ハード)、透明顔料(イエローブラウン、ナチュラルブラウン)を用意します。2色の顔料は予め混ぜておき、型にレジン液を2/3程流し込んだら顔料軽く竹串などで混ぜます。さらに残り1/3にレジン液を入れてUVランプを適宜照射して完成です。この際の型はアクセサリー型オーバル小あたりが適しています。

クォーツ

UVレジン(ハード)、透明顔料(スノーホワイト)を用意します。螺鈿、星の欠片(パール)を用意します。型にレジン液を1/3程流しUVランプを数秒照射します。顔料でレジンを着色し、細かく砕いた螺鈿と星の欠片を混ぜます。この混ぜたレジン液を型に流し込み、マーブル状にして、UVランプを適宜照射して完成です。

ラピスラズリ

UVレジン(ハード)、樹脂粘土a(モデナカラー・ブルーI、モデナG、モデナソフトD)、樹脂粘土b(モデナカラー・ブラックC、モデナカラー・イエローC、モデナソフトC)を用意します。樹脂粘土aを混ぜ着色し、そこに樹脂粘土bを混ぜマーブル状にします。型を取って乾かします。その後UVレジンを塗り、UVランプを適宜照射して完成です。

まとめ・魅力を高めるジュエルパーツ

微妙の色の配合や混ぜるものによって、いろいろな宝石の輝きが表現できることがわかります。レジンの光沢感をうまく活かせば手軽にジュエルパーツが作れます。様々な宝石用の型があるので、それを用いれば、指輪用にも大粒のペンダント用にもなります。ファッション・アイテムでは、宝石の存在感がかなり大きくなるので、満足のいくジュエルパーツが出来上がれば、この上ない満足感が得られます。非常に高価な宝石に見立てたレジン作品は、身に着けることで、魅力が格段に高まることは間違いありません。一度は作ってみたいレジンクラフトではないでしょうか。

レジン  レジン