UVレジンを使った基本的な球体の作り方!初心者でも簡単な方法

球体レジンの作り方

半球モールドを使って作った2つのレジンを重ね合わせることで簡単に球体レジンが出来上がります。
半球同士の接着面にバリと呼ばれるはみ出し部分ができてしまったら、ハサミやヤスリで丁寧に取り除きましょう。
接着面にすき間ができてしまったら、レジン液をこぼれない程度に少しずつ流し入れて硬化していきましょう。はみ出してしまってもヤスリで削ればキレイになります。
まずは、球体を作る作業が上手くできるように練習をして、慣れてきたら中にパーツを埋め込んだり、カラフルにしたりとアレンジすると良いでしょう。

2つ目の半球を作る時に、少な目にすると1つ目の半体を被せやすくなります。また2つ目の半体は硬化後も取り外さずに、1つ目の半体を被せるとズレないのでキレイな球体を作れます。
初心者でも簡単に作れる球体の作り方を紹介します。簡単な材料で作れるので挑戦してみましょう。

材料

・半球のシリコンモールド
・透明UVレジン液
・着色料(お好みの色)
・はさみ
・つまようじ
・ヤスリ

作り方

  1. 透明のUVレジン液を着色していきます。レジン液に少量の着色料を入れて混ぜ合わせます。気泡ができないように、丁寧にまぜましょう。平らなところでつまようじなどで混ぜ合わせます。またはシリコンカップを利用しても良いでしょう。
  2. 半球モールドに着色したレジン液を流し入れます。気泡が入ってしまったらエンボスヒーターやつまようじで取り除きましょう。色が濃い場合は、硬化不良を起こしやすいので、レジン液はモールドの半分くらいまでにします。
  3. UVライトに当てて硬化させます。色が濃い場合は、硬化させたあと上部までレジン液を足して再び硬化させます。色が濃いと紫外線が内部にまで届かず硬化不良を起こす可能性があります。少しずつ何層かに分けて硬化していくと固まりやすくなります。
  4. 固まったレジンを半球モールドからとり外します。
  5. 同じように着色したレジン液を半球モールドに流し入れますが、今度は少な目に入れます。
  6. UVライトに入れて硬化させます。
  7. モールドから取り外さずに、そのままレジン液を上部に薄くのばすように流し入れます。
  8. 先ほどの固まった半球レジンを、球体になるように被せて乗せます。
  9. UVライトに当ててしっかりと硬化させます。少し硬化時間を長めに取ると安心です。
  10. 完全に硬化したら、モールドから取り外します。
  11. 接着面の辺りにバリができていたら、はさみを使って丁寧にカットします。丸い球体になるようにバリは丁寧に取り除きましょう。取りにくいものはヤスリで削るとキレイになります。
  12. レジンが埋まっていないすき間があったら、少しずつレジンを足して硬化させて埋めていきます。
  13. 完全に硬化したら球体レジンの完成です。

まとめ

レジン作りに慣れてくると、まんまるの球体レジンを作ってみたくなるものです。難しいと思っていた球体も、半球モールドを利用すれば、簡単に作ることができるのです。
球体の作り方に慣れてきたら、中にお気に入りのパーツを閉じ込めて、立体感のあるオリジナルアクセサリーを作りましょう。
ハンドドリルなどで穴を開けて、アクセサリーパーツを取り付ければ、オシャレな球体レジンアクセサリーの完成です。中に封入するパーツを変えてたくさんの球体レジンを作りましょう。

レジン  レジン