レジンの中にイラストやメッセージを入れてみんなに配っちゃおう!

resin

大切な人へのプレゼントに想いも一緒にレジンに閉じ込めよう

レジンクラフトは模様を付けたりパーツを封入するデザインの他に、文字をデザインしたり、素敵なイラストが描かれたシールやシートを背景にすることもできます。それらの道具は100均でもたくさん販売されています。レジンクラフトの本体自体があまり大きなものではないので多くの文字を入れることはできませんが、贈る方が好きな物をイラストにしたものと一緒に英単語などで普段伝えられない想いを込めてレジンを作ってみましょう。

絵が描けなくても大丈夫!100均のシートで好きな背景やイラストをデザインしよう

セリアやダイソー、キャンドゥなど、レジンクラフト用品を多く取り揃えている100均に、いろんなアイテムと一緒に紙のようなフィルムのようなものもたくさん置いてあります。1つ1つを切り取って模様にしたり、作りたい型に合わせて切り取って背景にしたりすることができます。

海外の街並みが描かれているものやストライプ、ギンガムチェックなど本当に様々なものがあります。これらはきちんとレジンクラフト用に開発されているので、レジン液が染み込む心配はないはずですが、万が一レジン液が染み込んだ時やもっと発色をよくしたい、しっかりシートの模様を見せたい時にはコーティングをしたり、下地を塗る必要がありますが、難しい作業ではないのですぐにできます。

このコーティングや下地を塗る時に便利なのがマニキュアです。コーティングするときは透明なマニキュアを。下地を塗る時は白いマニキュアを使います。マニキュアは安い物で構いませんが、自然乾燥になるので少し時間が必要になります。よく乾くのを待ってから作業するときれいな作品に仕上がるので慌てずに作業しましょう。

そのシートやペーパーをきれいに切るには、下に粘土板のような傷がついてもいいものを敷き、その上に型を置き、鉛筆やペンで縁を取ってカッターで切ります。色々な形のものを最初から切るとなると難しいと思うので、四角や丸といった簡単な形のものから挑戦してみましょう。この作業を行う際には怪我をしないように軍手をして作業すると安全です。

メッセージの文字をレジンに入れる方法

レジンの中に文字を入れる方法はたくさんあります。先に紹介した100均のデザインシートやシールにも文字がデザインされているものがあります。また、封入パーツとして使えるチャーム、文字もレジンで作れるシリコンモールドも多数あります。文字の型を取るシリコンモールドも大きさもいろいろありますが、あまり小さいとちょっと読みづらくなってしまいます。メッセージとしてレジンで作る文字は幾分他のものよりサイズを大きくして見やすくするにはイニシャルなどの短い単語を入れる時に使うのがいいでしょう。長めの英単語を入れたい場合はシートやシール、チャームがおすすめです。

材料や道具を買う時になるべく悩まないようにするには

家族や友達に贈るためにレジンを作ろうといざお店に行く時、何時間も悩んで歩き回って、疲れてしまうこともあると思います。誰かに贈り物をする時、選ぶのも楽しいことではありますが、少しでもお店で悩む時間を減らすには、事前に相手が好きなデザインや趣味、食べ物などを思い浮かべながら、ちょっと紙にどんなイメージで作るのかを書いて、どんな道具を使うのかも決めておくと買い物の時に少し楽になります。

誕生日や母の日、父の日などに。ぜひ想いを込めたレジンをアクセサリーや小物に加工してプレゼントしてみてください。きっととても喜ばれますよ。

レジン  レジン