レジンに欠かせないビーズ。よく使われるのはどんなビーズ?

雑貨

さまざまな形でレジン作品を彩るビーズたち

いろんな大きさ、形、色があるビーズはレジンクラフトを作る時にもとても強力なアイテムです。封入パーツとして使ったり、レジンと一緒にアクセサリーの金具に付けたりとレジン作品を引き立ててくれる名脇役です。今回はレジンと一緒に使うビーズはどんな大きさ、どんな形のものが人気なのか調べてみました。

丸くてパール色のビーズは封入しても添えてもかわいい王道デザイン

やはり、オーソドックスに丸い形のビーズは一番人気です。特にパールのような色とつやのあるデザインのビーズは小さ目のものは封入に使用されたり、大き目のものはシリコンモールドで作ったレジンの周りにくっつけてデコったりと、大活躍です。色も定番のパールホワイトだけでなく、ピンク、バイオレット、ブルーなど1色で使ったり、色を組み合わせたりして使います。レジン自体も透明感がありツヤもありますが、もうちょっとアクセントが欲しい時に加えてみるとより素敵なデザインになります。

ブリリアントカットのスワロフスキー調のビーズ

オーストラリアのクリスタルとガラスの老舗メーカー、スワロフスキーを模したビーズも人気があります。本物はもちろん高額ですがビーズは安心して使えます。色々な形がありますが、やはり一番人気はダイヤのようなブリリアントカットデザインのものです。ピラミッド型やキューブ型のレジンに大きめなものを1粒入れてインパクトを出してみたり、ミール皿のレジンの中に小さい物をいくつか並べてみたり。上品な輝きが欲しい時におすすめのビーズです。

フルーツの形をしたビーズはお子さんにも喜ばれます。

色とりどりの自然にある色。フルーツもとても色彩豊かですよね。そんなフルーツの形をしたビーズもたくさんあります。薄く作られたフルーツの形のビーズを丸いミール皿にたくさん並べてフルーツの盛合せのようなデザインを作ったり、レジンでスイーツデコを作る時に封入するなどのデザインをされている方が沢山います。スイーツは色だけでなく、その形も愛らしいものです。お子さんの髪を結うゴムに付けるチャームに、丸いレジンの中にお子さんが好きなフルーツのビーズを封入してみるのもいいですね。ちょっと可愛らしいアレンジにしたい時に使うと素敵なデザインになりますよ。

貝などのマリン系デザインのビーズ

レジンクラフトの人気のデザインにビーチを描いたものがあります。そこに封入するパーツにビーズを使用する方もいらっしゃいます。貝殻をはじめ、ヒトデや小さな魚の形をしたものもあり、それらを封入することでビーチのイメージを広げるとともに、キュートさもプラスされます。いつものビーチデザインにちょっと飽きたら、ビーズを使って一味違ったアレンジをしてみても楽しいですよ。

季節ごとに変わるデザインに即対応できるビーズ

レジンクラフトを作成するとき、1つの景色を追及して作っていく方もいれば、それぞれの季節に合わせたデザインのものを作りながら、移り変わる季節を感じたりする方もいらっしゃると思います。ビーズは本当にたくさんのデザインのものがあり、春夏秋冬に合わせたレジンを作る時にとても心強いアイテムになってくれます。レジンクラフトにビーズを取り込もうと、選んでいるとあまりにたくさんあるので逆に迷ってしまうこともあるかもしれません。そんなときはこちらでご紹介したものや、季節を感じられるようなビーズを見つけてみてはいかがでしょうか。

レジン  レジン