レジンに人気の花のパーツ。迷った時は花言葉で選んでみませんか?

100均でも買えちゃう!花のパーツはレジンを彩り豊かに飾ります

色々な封入パーツがあるレジンですが、花のパーツはとても人気があります。とても小さいのに、1つ置くだけでパッと明るい雰囲気にしてくれます。実はダイソーでもいくつか見つけてしまいました。色々な種類の花やクローバーなどの押し花がレジンの封入パーツになっていますが、どれも可愛くて悩んじゃいますよね。そこで今回はレジンの封入パーツとして人気のある花々の花言葉を載せてみます。

花言葉は色や国によっても変わります。これから掲載する物は調べてみてよく目にしたものを載せていきます。

私がダイソーで見つけたのは野菊でした。

花びらの細い、白とピンクの野菊。手で持つと花びらが取れてしまうので注意が必要ですが、とても可愛らしい花です。

野菊の花言葉は「清楚」です。野菊は決して派手な花ではありませんが、しっとりと咲いているのを見るととても可愛らしく感じます。

ダイソーに行く時期や店舗によってまた違う花のパーツを見つけることができるかもしれません。なるべくたくさん足を運べるといいですね。

5つの花びらが梅の花のようなコデマリ

花びらが広がっているので小さいのに存在感があるコデマリはレジンクラフトに大人気です。カラーも様々あり、デザインの幅が広がりそうです。これくらい存在感があると透明なレジンに花だけをいくつか置いてもおしゃれにできそうです。

さて、そのコデマリの花言葉は「優雅」「友情」「上品」といったものが挙げられますが、他にもたくさんあるようです。コデマリは咲いている姿は、沢山の小さな花が丸く集まっているんですね。和の雰囲気も洋の雰囲気も出してくれるコデマリはレジンクラフトにピッタリです。

梅雨の時期の人気のアジサイはレジンの封入パーツにも人気です。

初夏を過ぎるとそろそろ会いたくなるアジサイ。憂鬱になりがちな梅雨の時期に気持ちを明るくさせてくれて、とても可愛らしいですよね。ドライフラワーにも人気のアジサイですが、レジンの封入パーツにもよく使われます。身近に咲いているので親近感がある花です。

アジサイの花言葉は「冷酷」「無情」「移り気」「辛抱強さ」といったものが代表的に挙げられます。

こんなに可愛い花なのになぜかちょっとネガティブな言葉が並ぶのはなぜ?と思いますよね。実はアジサイにはちょっと有名なエピソードがあります。

江戸時代にオランダから長崎へ来た医師のシーボルトがオランダに帰った後、日本でよくしてくれた女性の名前を、自身の著作でアジサイの学名に入れました。どんな理由で二人が別れることになってしまったのかはわかりませんが、その時の二人の思いがこういった花言葉に反映しているのではないかなと思います。

梅雨の時期に咲く花の花言葉。ちょっと寂しい感じがしますが、花自体は本当にとても可愛らしく、お店によって花びらが3つのもの、5つのものなど種類豊富にあります。カラーもたくさんあるのでレジンの彩におすすめです。

幸運をレジンに込めて皆に配ろう!四つ葉のクローバー

やはり幸運の象徴とも言える四つ葉のクローバーはレジンの封入パーツとしても、レジン枠の模様にも使われます。しかしクローバーは葉っぱです。クローバーの花はシロツメクサなので、シロツメクサの花言葉を調べてみました。

シロツメクサの花言葉は「幸運」「幸福」「私を思って」などです。

シロツメクサで花飾りを作ったことがある方も多いと思います。幸運の他にもある花言葉は、思いを込めながら花飾りを作るような強い思いや願いも感じられます。

四つ葉のクローバーもレジンの封入パーツとして販売されていますが、もし野原で探すことができたら、ぜひご自身のお守りとして、レジンに入れるのもいいですね。その際は軽く洗って、乾かしてからご使用ください。

レジンの封入パーツに人気の花の中でも特に人気のものを選んでみました。他にもいろんな花がありますので、ぜひお気に入りの花をレジンクラフトに使用してみてください。

レジン  レジン