レジンで作れる!オーラソーマボトル風アクセサリー

レジンアクセサリー

オーラソーマって何?

オーラソーマは、たくさん並んでいる上下2色に分かれたカラーボトルから惹かれるものを4本選び、その選んだボトルの色から心理を読み取ったり、タロットと組み合わせて4つの方面から自分を占うもしくは診断するものです。本物のオーラソーマカラーボトルの中にはオイルと水を配合した液体が入っていて、体に塗ることができます。

レジンは体に塗ることはできませんが、見ているだけでも楽しくなるオーラソーマボトルのようなデザインを作ることができます。ペンダントなどのアクセサリーにしてもおしゃれですので、ぜひ作ってみましょう。

まずはボトルの形をした型を探そう!

オーラソーマボトルの形は四角です。同じような形を作ることができるレジンの型はシリコンモールド、ミール皿、空枠それぞれにあります。しっかり透明感を出したい、本当に瓶に入っているようにデザインしたい場合はシリコンモールドが向いています。ダイソーやセリアなどの100均でも購入できます。

逆に少しアレンジしたい場合は壺のような形のレジン型もあるので、そちらを使って作成してもいいでしょう。また、カラーはオーラソーマのようなトーンにして、ラメなどの封入物で装飾して自分だけのオーラソーマボトル風アクセサリーを作ってみても楽しいと思います。ただし、あまり装飾しすぎるとオーラソーマボトル風のデザインから遠ざかってしまうので、出来れば控えめに装飾しましょう。

カラーをきれいに2色に分けるのは難しい?

オーラソーマボトルのようにレジンのカラーを上下2色にきれいに分けるためには、最初のうちは半分を塗ったら一度硬化させて、それからもう片方の色を付けていくと簡単にできます。カラーの境目の部分をあいまいにさせないこと、グラデーションではないので慣れるまではこの方法でやると失敗が少ないと思います。カラーの境目の作業をする時は少し慎重に。つまようじや竹串のような細い道具を使いながらきっちりカラーが分かれるようにしましょう。

オーラソーマボトル風のデザインにするには何で色を付けるの?

オーラソーマボトルの中身は先に記載した通り、水分とオイルです。なめらかな雰囲気を出したいので、出来ればレジン用カラーを使うのが一番好ましいです。100均ではセリアで購入することができます。しかし、100本以上あるオーラソーマボトルの中には色もたくさんあるので何本か作ろうとするとレジン用カラーだけでは足りないこともあるでしょう。その場合はマニキュアを使ったり、もしカラーサンドやシェルパウダーなどで色を付ける時は極力細かい粒のものを使用するようにしましょう。

最初は一本から。少しずつレパートリーを増やしていこう

オーラソーマボトル風レジンを作る時、最初からたくさん作ろうとするとコストがかかるので、まず一度購入したカラーで作れる組み合わせを見つけて、ボトル自体の数も少しずつ増やしていく気持ちで、焦らずにコツコツ作っていきましょう。そのうちに自分の好きな色の組み合わせだけを作る方、すべてのオーラソーマボトルカラーを作って揃えたい方に分かれていくと思います。

占ったり診断をすることはできませんが、好きな色を身に付けるとちょっと気持ちがいいですよね。自分でレジンを使用して作ったオーラソーマボトルをペンダントやストラップなどにして取り入れ、彩あふれる毎日にしていけたらきっと楽しいですよ。

レジン  レジン