UVレジンアクセサリーの作り方!ルーターの使い方と加工の方法

アクセサリー

便利なルーター

ルーターとは、穴を開けたり、研磨したり、カットしたりとさまざまな使い方のできる電動のドリルのこと。ハンドメイドやDIYに手軽に使える大きさなので、人気があります。
UVレジンアクセサリー作りには、ミニルーターが便利です。ミニルーターは、ホームセンターで購入することができて価格は1000円前後。先端の刃の部分を交換すれば、穴あけ用のドリル、研磨用、カット用など、さまざまな用途に使用できるのでレジン作りも楽になります。
先端の刃の部分は、100円前後のものもあり、お手軽に手に入れることもできます。穴の大きさもドリルの太さを変えれば自由自在。溝を掘って文字入れしたり、やすりを取り付けて研磨したりすることもできます。
1台あれば何役もこなしてくれるので、是非1台購入して使い勝手の良さを試してみましょう。

100均のダイソーでは、800円商品としてミニルーターを販売しています。穴あけ用のミニルーター用ピンバイスセットは400円商品として販売されているので、ダイソー商品で揃えてみるのもお手軽です。
100均の工具にはハンドドリルもあり、レジンの穴あけにはとても便利ですが、電動で動くミニルーターは、更に便利。作業時間も短時間で済み、力を入れなくて済む点が、女性にも扱いやすいと人気です。

レジンアクセサリーの作り方

UVレジン液は、紫外線を当てて硬化させます。ガラスのような透明感があり、中にお気に入りのパーツを埋め込んでオリジナルのレジンパーツを作ることができます。
型枠となるシリコンモールドやミール皿、空枠など、お好みの型枠にレジン液を流し入れて硬化させます。
硬化させる前に、中に入れたい封入パーツやラメパウダーなどをレジン液に入れて配置させます。
それをUVライトまたは太陽光の紫外線に当てて硬化させます。
シリコンモールドの場合は、硬化したら型から外してレジンパーツの出来上がりです。

ミニルーターの使い方

ミニルーターは、レジンパーツにヒートンなどの金具を取り付けるために穴を開ける道具です。はめ込みたい金具の太さに合わせてミニルーターに取り付ける先端のドリルの太さを選びましょう。たいていのミニルーターの先端のドリルは、ペンチを使って取り外しできます。

レジンパーツの金具を取り付ける位置に、ミニルーターを押し当てて穴を開けていきます。ヒビが入らないように、割れないように慎重に作業しましょう。
穴が開いたら内部の削りカスを取り除き、透明のUVレジン液を流し入れます。そこにヒートンを押し込みます。
ねじるように押し込むと金具の全体にレジン液が付くのでしっかりと硬化させることができます。
そのままUVライトまたは太陽光に当てて硬化させます。金具の陰になっている部分にも紫外線を当ててしっかりと硬化させましょう。
完全に硬化させたら、金具の輪の部分にチェーンや紐などを取り付けてオシャレなレジンアクセサリーの完成です。

まとめ

ミニルーターは、レジンアクセサリーの金具パーツを取り付ける際にとても便利。
1台あれば、穴あけ、研磨、カットなど、さまざまな工程に利用することができます。
レジンに溝をつけて文字入れやイラストを入れることも。レジン作りが簡単にできる便利な道具なので一度試してみましょう。

レジン  レジン