ラメやホログラムを使ったキラキラレジンアクセサリーの作り方

100均のラメ

ラメ・ホログラム

ラメやホログラムパーツをUVレジンの内部に封入することで、キラキラと輝く美しいレジンアクセサリーを作ることができます。
100均でもたくさんの種類の色付きラメや、ホログラムを販売しているので試してみるにもとても手軽。
手作りクラフトコーナーにも陳列されていますが、ネイルコーナーにも色とりどりのラメやホログラムなどレジンに封入できそうなアイテムが陳列されているので、100均へ行ったらネイルコーナーも覗いてみましょう。

透明レジン液にカラーラメやホログラムを封入してもとてもキレイですが、カラーレジン液にラメやホログラムを封入してもとてもキレイな仕上がりになります。
カラーUVレジン液は、100均のセリアで購入することができるので、試してみるにもコストがかからずお手軽です。
シリコンモールドを利用したり、ミール皿を利用したり、どのような型でも合います。

作り方

作り方は簡単で、シリコンモールドやミール皿に、お好みのカラーのUVレジン液または透明のUVレジン液を流し入れます。
そこにラメやホログラムを入れて、UVライトに当てて硬化させるだけ。
ホログラムが大きめの場合は、細かくカットして入れましょう。紫外線の陰になりにくく硬化時間が早く済みます。
UVレジン液とラメやホログラムは、つまようじなどで混ぜても良いですし、自然な散らばり感を楽しむのも良いです。
レジンは光を通す半透明なので、ラメやホログラムにも光が反射してとてもキレイに輝きます。

注意点

ラメやホログラムなど、UVレジンの内部に埋め込むことでキラキラと輝きのある可愛いレジンアクセサリーが作れますが、硬化不良を起こす可能性があるので注意が必要です。
UVレジンは、紫外線が当たることによって硬化が始まります。
ラメやホログラムの陰になってしまう部分は、紫外線が届かずに硬化不良を起こしてしまう可能性があるのです。
一つ一つは小さいパーツでも、レジンの内部で重なって大きい塊になってしまったり、すき間なく埋め込まれていたりすると、紫外線が届かない陰となってしまう部分ができてしまいます。
紫外線が届かない部分は、硬化させることができないので、内部まで紫外線を届かせるような工夫が必要になります。

そのためには、角度を変えて何度も紫外線に当てるということになります。裏側からや側面から、何度も時間をかけて硬化させる必要があります。
レジンの作品の形によっては、紫外線をうまく当てられない場合があります。
その場合は、洗濯バサミや大きなクリップなどを利用して立てかけ、全面にしっかりと紫外線を当てましょう。
立てかけるために土台を置くのも良いでしょう。
ラメやホログラムの陰になっている部分全てに紫外線を当てることがポイントです。

まとめ

UVレジンに使えるラメやホログラムは100均でも手に入れることができるのでコストがかからずとてもお得。100均の売り場では、手作りクラフトコーナーの他にもネイルコーナーで見かけることも。
ネイル用にカラフルなラメやホログラムが多数揃っています。色々と試してみるのも輝きが違って楽しいです。
レジン液は透明でもカラーでも、どちらでも合います。半透明のレジンは中まで光が届き、ラメやホログラムがキラキラと輝いてとても美しい作品に仕上がります。

レジン  レジン