モコモコのフロッキーパウダーを入れたUVレジンパーツの作り方

フロッキーパウダーとは

手芸材料やネイルアートに使われるフロッキーパウダーとは、ふわふわとした繊維質のパウダーです。素材はナイロンなどの化繊が多く、モコモコでふわふわのリアルな質感を楽しめます。
動物の毛の質感を表したり、ベルベットのような高級感を表したり、さまざまな作品に使うことができます。

UVレジンの使い方

UVレジンにフロッキーパウダーを使う場合は、レジン液に混ぜたり、レジンの上に乗せたりと色々な使い方ができます。また、透明レジン液の着色料として混ぜる使い方もあり、手芸素材としてカラーも豊富に販売されています。他の着色料とは違った繊維質の質感と色を出すことができます。作品のイメージに合わせて使い分けましょう。

ウサギの空枠レジンの作り方

ふわふわでモコモコの質感がピッタリの、ウサギの形の空枠を使って、フロッキーパウダー入りレジンパーツを作りましょう。まるで、ウサギのふわふわの毛があるような仕上がりになります。

材料

・ウサギの空枠
・UVレジン液(ホワイト・透明)
・フロッキーパウダー(ホワイト)
・UVライト(または日光)
・マスキングテープ(空枠の底をふさぐ)
・ピンセットやつまようじ(フロッキーパウダーを押さえる)
・ブラシ(余分なフロッキーパウダーを落とす)

作り方

  1. ウサギの空枠の裏面にマスキングテープを貼って、レジン液が漏れないように準備しておきます。
  2. ホワイトに着色されたレジン液がない場合は、透明レジン液にホワイトの着色料を混ぜて、ホワイトのレジン液を作っておきます。
  3. 空枠に薄く(空枠の三分の一まで)ホワイトに着色されたレジン液を流し入れます。
  4. UVライト(または日光の紫外線)に当てて硬化させます。
  5. 硬化させたら、透明レジン液を空枠の上の方まで入れてUVライト(または日光の紫外線)に当てて硬化させます。
  6. 完全に固まったら、薄くレジン液を伸ばしてフロッキーパウダーを多めに振りかけます。ピンセットやつまようじなどで、フロッキーパウダーを軽く押さえます。レジン液が多いと、フロッキーパウダーがどんどんレジン液を吸って無駄になってしまうので、レジン液は薄く伸ばしましょう。周りに落ちたフロッキーパウダーは、再利用できます。
  7. UVライト(または日光の紫外線)に当てて硬化させます。
  8. 硬化させたら、余分なフロッキーパウダーをブラシなどで軽く落として完成です。落としたフロッキーパウダーは再利用できるので集めておきましょう。

まとめ

ふわふわでモコモコのフロッキーパウダーは、手芸やネイルアートにも使われ、繊維のような質感が人気のアイテムです。ウサギやヒツジなどの動物の型枠を使って作るレジンにはピッタリの素材。ふわふわでモコモコのフロッキーパウダーの質感を活かして、カワイイレジンアクセサリーを作りましょう。
上手に仕上げるコツは、下の層のレジンを厚めに作り硬化しておくことです。フロッキーパウダーは、レジン液をどんどん吸ってしまうので、たくさんのレジン液にフロッキーパウダーを乗せると、ふわふわでモコモコの質感を出しにくくなってしまいます。下の層を硬化させてから、上に薄くレジン液を塗り、フロッキーパウダーを乗せましょう。

レジン  レジン