レジンの空枠におゆまるを使う方法!マスキングテープの代用品

マスキングテープ

マスキングテープの場合

空枠を使ってUVレジンを作る場合には、どうしても底面の枠のすき間からレジン液が漏れ出てしまいます。硬化後にバリ取りをするという方法もありますが、できれば漏れるムダをなくして作りたいもの。
レジン液の漏れをキレイに防ぐ方法の一つに、底面にマスキングテープを貼るという方法があります。きちんと密着させれば、レジン液が漏れることもなく、剥がす時にも簡単に剥がすことができるのでとても手軽です。

一般的なマスキングテープの幅では、一枚で空枠全体を覆うことができないので、何枚かを重ねて空枠の全体を覆うように貼りましょう。引っ張りながら、緩まないように貼ると、キレイな平面を作ることができます。
幅広いタイプのマスキングテープを貼れば、重ねた部分の跡も付かずにキレイにはがれます。
しかし、どちらの場合もマスキングテープを剥がした後は、レジンの表面ほどのツルツル感は無く、少し曇ったような状態となってしまいます。
これをキレイなツルツルの状態にするには、レジン液を薄く塗って硬化します。一手間加えるだけで、簡単にツルツルの表面に仕上げることができます。

おゆまるの場合

おゆまるとは、プラスチック粘土とも呼ばれ、お湯に入れて温めると柔らかくなり、スーパーボールなどを作れる粘土です。冷えると固まり、またお湯で温めれば柔らかくなるので、何度でも形を変えて色々なものを作ることができます。
カラフルな色付きのものや、透明のものもあり、100均でも購入することができます。
UVレジン愛好者の間では、おゆまるを使って型を取り、レジンアクセサリーを作るというのが定番です。お気に入りのアイテムの型を取り、レジンアクセサリーを作れるので人気があります。
子供の玩具としてだけに限らず、大人も楽しめるおゆまるは、100均でも売り切れのことが多く人気の商品です。

おゆまるを空枠に利用する場合は、まずお湯で柔らかくしてから使います。ある程度平らに伸ばし、空枠より大きくしておきます。おゆまるが柔らかいうちに、空枠を軽く押し付けましょう。
深く押し込み過ぎると、レジン液を流し入れる空間が少なくなってしまいます。軽く底面をふさぐ程度に押し込みます。
このままレジン液を流し入れ、おゆまるごと硬化できるので便利です。
レジン液が完全に硬化したら、おゆまるを外し、裏面にくぼみがあるようならレジン液を入れて硬化させます。
おゆまるは冷めて固まっても、ゴム程度の柔らかさがあるので、空枠を簡単に外せます。
マスキングテープを貼る作業より、おゆまるに空枠を押し込むだけなのでとても簡単です。

まとめ

空枠を使って作るレジンアクセサリーは、透明感があってとてもおしゃれ。しかしミール皿のような底面がないので、どうしてもレジン液が漏れてしまいます。
マスキングテープを貼れば、簡単にレジン液の漏れを防ぐことができ、剥がすのも簡単です。しかし、幅の狭いマスキングテープは、数枚を貼り重ねるという手間がかかります。
おゆまるを使って空枠の底面を押し込むだけという方法もとても簡単です。お湯で温めるという手間はありますが、何回も使えてお得です。大きく伸ばせば、何個かの空枠を置けるので、同時に複数のレジンアクセサリーを作れます。100均で購入することができるので、試してみましょう。

レジン  レジン