ヘアゴム用セッティング台座でレジンヘアアクセサリーの作り方

手作り

セッティング台座とは

ヘアゴム用のセッティング台座とは、ヘアゴムに取り付ける留め具のついた、レジンを流し入れることのできる台座の部分です。
レジンを流し入れる部分はくぼんでいるので、こぼれにくく、ぷっくりと丸みのあるレジンをつくることができます。
ラメを入れたり、貝殻や押し花やスパンコールやビーズなど、お好みのパーツを配置してオリジナルのヘアゴムを作りましょう。
ヘアゴム用のセッティング台座は、100均のセリアで購入することができてとても便利。
UVレジンは、ガラスのような透明感があり、ステキなオリジナルのヘアゴムアクセサリーを作ることができます。

材料

・ヘアゴム
・ヘアゴム用の台座
・UVレジン液
・台紙(デコパージュ紙、イラスト紙、折り紙、包装紙、布などお好みの柄のもの)
・パーツ(ラメ、スパンコール、貝殻、押し花などお好みのもの)
・接着剤
・UVライト
・ピンセット(細かいパーツを配置する際にあると便利)
・つまようじ(気泡を取り除く際にあると便利)
・ペンチ

作り方

  1. 台座に、好みの背景となるイラストを接着剤で貼り付けます。台座の大きさに合わせてカットしておきましょう。
  2. 接着剤が乾いたら、薄くレジン液を流し入れ、一度硬化させておきます。
  3. 更にレジン液を流し入れ、ラメやスパンコールなど、好みのパーツを配置していきます。細かいパーツはピンセットやつまようじで配置すると便利です。気泡ができてしまった場合は、つまようじでつぶしたり、上に浮かび上がらせて取り除きましょう。
  4. UVライトに当ててしっかりと硬化させます。ラメやパーツが多いと硬化に時間がかかるので、UVライトに長めに当てます。
  5. 表面をぷっくりと丸みを帯びたキレイな形に仕上げるために、表面張力で少し盛り上がるくらいにレジン液を流し入れます。溢れないように注意しながら、ゆっくりと流し入れましょう。
  6. UVライトに当てて、しっかりと硬化させます。完全に硬化できたら、台座のレジンパーツの完成です。硬化する前に指で触ってしまうと、指紋の跡が残ってしまいます。余分なくらいに長めに硬化して、完全に硬化させることがキレイに仕上げるポイントです。
  7. セッティング台座の留め具にヘアゴムを通します。ヘアゴムを輪にして結びます。
  8. ヘアゴムと留め具の位置を固定したい場合は、接着剤で固定します。はみ出した接着剤は拭き取っておきましょう。
  9. 留め具の金具部分をペンチで閉じます。当て布をすれば留め具部分を傷つけません。
  10. 接着剤がしっかりと乾いたら完成です。

まとめ

ヘアアクセサリーをUVレジンで作る場合は、ヘアゴム用のセッティング台座を利用すると、とても簡単に作ることができます。セッティング台座は、手軽に100均のセリアでも購入することができるので、レジン作りに利用してみましょう。
ぷっくりとキレイに仕上げるコツは、表面が少し盛り上がるくらいにゆっくりとレジン液を流し入れることです。
完全に硬化したか確かめるために触ってしまうと、指の跡がついてしまいます。キレイな透明感のある表面に仕上げるためには、長めにUVライトに当てて、しっかりと硬化させることがポイント。
お好みのパーツを入れて、オリジナルのヘアアクセサリーをレジンで作ってみましょう。

レジン  レジン