円柱レジンアクセサリーの作り方とストロー材料の使い方

雑貨

円柱レジン

細長い円柱のレジンの中にフルーツをたくさん詰め込んで、おしゃれなレジンアクセサリーを作りましょう。円柱の形のシリコンモールドもありますが、手軽に100均で手に入るストローで代用することも可能です。
お好みの太さのストローで、おしゃれな円柱レジンアクセサリーを簡単に作ることができます。

オレンジやイチゴ、キウイなどの小さい封入パーツを中に閉じ込めて、カワイイレジンアクセサリーを作りましょう。フルーツパーツは、レジン用封入パーツとして100均でも販売されています。または、ネイルパーツとして販売されている店舗もあるので、レジンコーナーや手芸コーナー、ネイルコーナーを覗いてみましょう。
UVレジン液やヒートンやマスキングテープなど、ストローで作る円柱レジンアクセサリーに必要な材料は全て100均で揃えられます。ピアスやイヤリング、ネックレスに加工するアクセサリーパーツも販売されているので、お気に入りのフルーツパーツとアクセサリーパーツを準備して、オリジナルレジンアクセサリーを作りましょう。

材料

・ストロー
・UVレジン液
・封入パーツ(フルーツ)
・UVライト(太陽光の紫外線)
・ヒートン金具
・マスキングテープ

作り方

  1. ストローを短くカットします。作りたい円柱の長さに合わせてカットしますが、UVライトに立てられる長さにしましょう。太陽光の紫外線を利用して硬化させる場合は、長さはお好みで大丈夫ですが、長いと、硬化に時間がかかったり倒れやすかったりするので注意が必要です。
  2. 短くカットしたストローの底面にマスキングテープを貼り、レジンが流れないようにします。マスキングテープを長めに用意して、両端を台紙に貼り付けておくとストローの転倒防止になります。
  3. ストローの中に薄くUVレジン液を流し入れます。
  4. 台紙に乗せたままUVライトに入れて硬化させます。または太陽光に当てます。
  5. 硬化したら、UVレジン液を半分くらいまで入れ、封入パーツを半分入れます。少しずつ硬化していくとキレイな仕上がりになります。何層にも分けて硬化しましょう。
  6. UVライトに入れて(または太陽光の紫外線に当てて)硬化させます。これを繰り返します。
  7. 最後はストローの上部の位置までレジン液を入れて、ヒートンやアクセサリーパーツの金具を入れます。ピンセットなどで押さえながら硬化させれば、金具が真っ直ぐに入った状態で硬化させることができます。
  8. 完全に硬化したら、ストローの端に切り込みを入れて剥がしていきます。レジンを傷つけないように注意しましょう。
  9. マスキングテープも剥がし、円柱レジンアクセサリーの完成です。

まとめ

UVレジン材料は、たくさんの商品か100均で販売されているのでとても便利。ストローにレジン液とフルーツパーツを入れて硬化させれば、円柱のレジンパーツを作ることができます。
ヒートンやアクセサリーパーツなどの金具を取り付ければ、ピアスやイヤリング、ネックレス、ストラップ、バッグチャームなど、さまざまなレジンアクセサリーに加工することができるので楽しい手作りクラフトです。
ストローを使っておしゃれなオリジナル円柱レジンアクセサリーを作りましょう。

レジン  レジン