シートを使えば簡単にレジンの宇宙モチーフが作れちゃう

UVレジンの宇宙モチーフはシートを使えば簡単に

UVレジンのデザインの中でも、大人気なのが宇宙をモチーフにしたデザインです。レジンを使うことで、他のクラフトでは表現できなかった奥行き感や幻想的なイメージをつくりだすとこができます。そんなことから、マニキュアやアクリル絵の具を駆使した「宇宙塗り」が、レジン作家の中で一大ブームとなりました。しかし、これらの宇宙塗りは、グラデーションを作る方法や宇宙を作りだす過程で、コツやセンスが問われるため、難しいと感じる方も少なくないのです。慣れた方なら、オリジナリティ溢れる作品を作るため、とってもオススメなんですが、初心者にはちょっとハードルが高いのかもしれませんね。そこで、もっと簡単で手軽に宇宙モチーフを作りたい。そんな願いをか叶えてくれたのが、宇宙デザインのイラストシートです。今回は、宇宙のイラストシートを使った宇宙モチーフの作り方をご紹介します。

宇宙デザインのイラストシートとは?

レジンでチャームを作る際に、背景として使用できるシートを、デザインシートやイラストシートと呼びます。最近では、100均でも様々な模様のシートが販売されています。使い方は簡単で、使用するミール皿のサイズに切り取り、張り付けるだけ。デザインシートには、紙製の物や透明フィルム状のものがあります。宇宙のデザインだけでも色や惑星などバリエーションが豊富です。この中でも裏面がアルミ加工されたレジン用のシートは、ハッキリとした鮮やかな色合いの背景になるので、おすすめです。

イラストシートで作るUVレジンの宇宙モチーフに必要な材料

今回は初心者でも扱いやすいミール皿を使ったモチーフをご紹介します。
・UVレジン液
・宇宙柄のイラストシート
・ミール皿(四角や丸型、惑星の形のものなど)
・ラメやラインストーン
・お好みの封入パーツ(星や月の形など)
・つまようじ
・ピンセット
・油性ペン
・ハサミ
・ラップなどの透明なビニール
・UVライト

イラストシートを使ったUVレジンの宇宙モチーフの作り方

それでは、初心者でも簡単に作れる、ミール皿とイラストシートを使った宇宙モチーフのレジンアクセサリーの作り方をご紹介します。
1. ミール皿の上にラップなどの透明なビニールを重ねます。
2. 油性ペンで、ビニールの上からミール皿の枠内(底)を型取ります。
3. 2に合わせて、宇宙柄のイラストシートを切り取ります。
4. ミール皿に少量のUVレジン液をのばします。
5. 切り取ったイラストシートをミール皿にのせ、つまようじで押し込みます。この時、空気が入らないように気を付け、シートとミール皿を密着させてください。
6. UVライトで、一旦、硬化させます。
7. お好みの封入パーツを並べ、レジン液を流し込みます。気泡はつまようじで取り除きます。
8. 数秒だけUVライトで硬化。
9. 上からラメを乗せていきます。モチーフ全体にラメをちりばめたい場合は、あらかじめレジン液にラメを混ぜておいて、入れても大丈夫です。
10. 再度、しっかりとUVライトで硬化させます。
11. 星や月などのパーツを乗せたら、ぷっくりするくらいUVレジン液を流し込んで硬化させたら完成です。

まとめ

イラストシートを使うことで、簡単綺麗な宇宙が出来上がります。イラストシートでもラメの配置や封入パーツで、シートのデザインをよりオリジナリティのある作品に変化させることが可能なんですね。宇宙塗りにこだわらず、難しいと思ったら、イラストシートを使ってみてください。

レジン  レジン