シリコン型を使ったUVレジン製イチゴムースケーキの作り方!

UVランプ

レジン製イチゴムースケーキ

レジンで簡単にイチゴムースケーキを作る方法には、シリコンモールドを使う方法があります。カットされたケーキの形に限らず、ハート型や星型、ウサギやクマの動物型、四角型や丸型など、どのような形のシリコンモールドでも、ケーキの層をレジンで作れば、美味しそうなイチゴムースケーキを作ることができるのです。
イチゴムースの層を何層にするかを決めて、カラーを決めて、型を選びましょう。100均にもたくさんの種類のレジン用品が販売されています。レジン液や着色料、シリコンモールドやスイーツデコパーツまで、たくさんのレジン材料があるので、100均のお店を覗いてみましょう。

着色方法

スポンジ部分は、オレンジと白の着色料を混ぜ合わせてスポンジの色を作ります。イチゴムースの部分は、白に赤を少し足すだけでイチゴムースのような優しいピンクになります。生クリームは白いレジン液を作ります。一番上にはイチゴゼリーのレジンを乗せましょう。半透明の赤に着色しましょう。赤い着色料を濃く入れ過ぎると、透明感がなくなりゼリーらしさが半減してしまうので、着色料は少しずつ足していきます。

一層ごとに硬化しよう

これを下の層から順番に入れて硬化していきます。スポンジ部分を硬化したら、次にイチゴムース部分を硬化して、という順に一層ずつ硬化していくとキレイに仕上がります。
次に生クリーム部分、そして何層にするかによって、イチゴムースやスポンジ、生クリームのレジンを重ねていきます。シリコンモールドの高さによって層の数は調節しましょう。
最後には、イチゴゼリー用の半透明の赤いレジン液を薄く塗り硬化します。ホイップのトッピングやイチゴのトッピングを乗せる場合は、接着剤で貼り付けましょう。UVレジン液も接着剤の代わりになりますが、デコパーツによっては、紫外線を通さず、陰となってしまう部分がしっかりと硬化しない場合があります。角度を変えて紫外線を当てて硬化する方法もありますが、接着剤の方が手軽に貼り付けられます。
接着剤は、完全に乾かしましょう。シリコンモールドから剥がして完成です。

お菓子作り用シリコン型

100均にもたくさんのシリコンモールドが販売されています。UVレジン用のシリコンモールドの種類は豊富ですが、お菓子作り用のシリコン型もUVレジンに使うことができます。
シリコンモールドを使ってレジン製ケーキを作る場合、深さのあるお菓子用のシリコン型の方がおすすめ。
UVレジン用のシリコンモールドは浅いタイプのものが多いので、ケーキの層を表すには深さが足りないのです。
クッキーやチョコレート、グミなどを作れる手作りお菓子用のシリコン型で、お好みの型を見つけましょう。

まとめ

どのような形のシリコンモールドでも、ケーキの層を順番に硬化していけば、美味しそうなイチゴムースケーキレジンが出来上がります。色々な形のケーキを作ってオリジナリティを出しましょう。
UVレジン用のシリコンモールドに限らず、お菓子作り用のシリコン型も色々な形のものがあり、UVレジンにも利用できるのでとても便利です。手作りお菓子コーナーでも探してみましょう。
一度、UVレジンに使用したお菓子作り用のシリコン型は、衛生上、食品には使わないようにしましょう。UVレジン専用にしましょう。

レジン  レジン