シリコン型やフレームも100均で!レジンアクセサリーの作り方

レジンアクセサリー

100均材料でレジン作り

100均で揃えることができるレジンの材料や道具を使って、レジンアクセサリー作りましょう。
UVレジン液や、シリコン型や、コラージュシートなど、さまざまなUVレジン作りに必要な材料が100均で購入できます。
目的に合わせて材料を揃えて、ステキなレジン作品を作りましょう。
初めてのレジン作りには、まずは、色を付けずに透明のレジンで、花や星、ハートなどのパーツを埋め込む方法が簡単です。
100均にはレジンに埋め込むことができる、たくさんのパーツが揃っています。
シリコン型や、ミール皿と呼ばれる台座などの底に、イラストシートやコラージュシートを敷けば、お好みの背景の柄の出来上がり。
色を付けなくても、十分にステキなレジン作品が出来上がります。
ペンダントフレームを使えば、ペンダントにもキーホルダーにもなります。
UVライトがあれば、5分程の短時間で硬化させることができますが、ない場合は、太陽光の紫外線に十分当てて硬化させます。天候により硬化時間は30分~数時間と、左右されます。

ペンダントフレームを使ったレジンアクセサリーの作り方と、シリコン型を使ったレジンアクセサリーの作り方を紹介します。

ペンダントフレームを使う作り方

ペンダントの台座となるフレームは、丸い形や、長丸など、色々な形のものを100均で購入することができます。
初めてレジンでアクセサリー作りに挑戦する人にも、簡単に作れるのがペンダント。
まずは、色をつけずに透明レジンで作ってみましょう。
下にお好みのイラストシートを敷けば、色をつけなくでもイラストシートの柄が出ます。
100均の材料を用意して、レジンでペンダントを作りましょう。

材料
・ペンダントフレーム
・イラストシート
・パーツ
・レジン液

作り方
1. 台座のペンダントフレームの形に合わせて、イラストシートを切り取ります。
2. ペンダントフレームに薄くレジン液を流します。
3. 形に合わせて切り取った、イラストシートを乗せて、硬化させます。
4. レジン液を硬化したフレームに流し入れ、パーツを埋め込んで、硬化させます。
5. 表面が凸凹していたら、仕上げに、更にレジン液を流し入れ硬化させます。
6. キーホルダーや、チェーンなどをペンダントフレームに取り付けて完成。

シリコン型を使う作り方

シリコン型は、丸い形や、長丸、ハート型、動物の型など、たくさんの種類の型があります。
穴の部分のあるパーツを選んで、キーホルダーや、ペンダントを作りましょう。

材料
・シリコン型
・パーツ
・レジン液

作り方
1. シリコン型に薄くレジン液を流し込み、硬化させます。
2. 硬化させたレジンの上に、レジン液を流し込み、パーツを埋め込み硬化させます。
3. 表面の凸凹が気になる場合は、更に薄くレジン液を流し硬化させます。
4. シリコン型から外して、チェーンやキーホルダーを取り付ければ完成です。

まとめ

手作りレジンは、初めての人でも簡単に作ることができるのでとても人気があります。
また100均で材料を揃えることができるので、手軽に挑戦することができます。
パーツや、イラストペーパーは、100均でたくさんの種類のものが購入できるので、上級者でも飽きずに楽しむことができます。
レジンアクセサリーは、色を付けずに透明でも、パーツを埋め込んだり、底にペーパーを敷けば、ステキなレジン作品に仕上がります。
透明レジンで作るレジンアクセサリーは、初心者でも成功しやすいのでおすすめです。

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です