キューブ型UVレジンピアスの作り方とは?仕上げのコツを紹介!

キューブ型ピアス

コロコロと四角いキューブ型のピアスをUVレジンで作ると、透明感がありとてもキレイです。
耳元でキラキラと輝くUVレジンのキューブ型ピアス。シリコン製キューブ型を使えば簡単に作ることができます。
ピアスの留め具パーツやイヤリングの留め具パーツなど、留め具を変えて作れば、色々なアクセサリーにもなるのでおすすめ。
中にお気に入りのパーツを閉じ込めて、コロコロでキラキラのピアスをUVレジンで作りましょう。

材料

・キューブ型枠(好みの大きさのもの)
・UVレジン液(ハードタイプ)
・キューブの中に入れるパーツ
・ピアスの留め具パーツ
・穴あけ用ドリル
・はさみ
・やすり
・竹串やつまようじ
・洗濯ばさみ

作り方

  1. キューブ型枠に四分の一程のレジン液を流し入れ、一度、UVライトに入れて硬化させておきます。
  2. 中に封入したいパーツの大きさにより、半分~四分の三辺りまでレジン液を入れ、パーツを配置します。
  3. UVライトに入れて硬化させます。何層かに分けて硬化させていくと、奥行きのあるキレイなレジンに仕上がります。気泡ができてしまったら、つまようじや竹串などで取り除きましょう。
  4. キューブ型の上部までレジン液を流し入れ、UVライトに入れて硬化させます。
  5. そっと型から取り外し、端にはみ出したレジンをはさみで丁寧にカットします。
  6. 大きいはみ出し部分が取れたら、やすりで角の粗い部分を削っていきます。やすりで透明度がなくなってしまっても、後からレジン液を塗りキレイになるので大丈夫です。
  7. ピアスの留め具を付ける部分に、ドリルで穴を開けます。ハンドドリルなど小さいものがおすすめです。
  8. 穴の開いた部分にピアスの留め具を入れて、すき間にレジン液を流し入れます。
  9. UVライトに当ててしっかりと硬化させます。完全に硬化していないと、留め具が取れてしまうので硬化時間を長めに取り、内部まで完全に硬化させましょう。
  10. 留め具の部分に洗濯ばさみをつけて、持ちやすくします。
  11. 洗濯バサミの部分を持ち、キューブ型のレジンに一面ずつレジン液を塗っていきます。つまようじや竹串などで薄くのばすように塗っていきましょう。
  12. 一面ずつ硬化させながら、全面をコーティングするようにレジン液を塗っていきます。
  13. 全面を完全に硬化させたらキューブ型のUVレジンピアスの完成です。

仕上げのコツ

仕上げのコツは、やすりで角の部分をキレイに削るということ。大きなはみ出し部分は、はさみでカットすることができますが、更にキレイに仕上げるためには、小さいデコボコ部分をやすりで削る必要があります。
一手間かけることで仕上がりに差が出るので試してみましょう。
やすりで削った部分は透明感がなくなってしまいますが、再びレジン液でコーティングすれば、またキラキラのキューブ型レジンに戻ります。

まとめ

四角いサイコロのような透明のキューブ型ピアスは、耳元で揺れてとてもおしゃれ。
自分で作れるなら、材料選びも楽しくなります。お気に入りのパーツをキューブの中に埋め込んで、オリジナルのレジンアクセサリーを作りましょう。
シリコン製のキューブ型枠があれば、簡単に手作りすることができます。留め具パーツをピアス用やイヤリング用、キーホルダー用、ストラップ用など、色々なタイプに変えて作ってみるのも楽しいです。

レジン  レジン