キュートな形を活かす!お菓子を用いたレジン作品の製作方法

究極のスイーツデコができる

最近、ネイルアートなどで、お菓子を模したパーツでデコレーションする「スイーツデコ」が話題になっています。スイーツデコは幅広い年齢層の女性に人気で、今やネイルアートに留まらず、スマホケースなどでも定番となりつつあります。しかし、装飾するスイーツをイチから自作するのは難易度が高く市販されているスイーツパーツを使うのがほとんどです。それでも本物のお菓子をアクセサリーにしたいと思い人は多いようです。そこで脚光を浴びるのが「UVレジン」。太陽光やUVライトで固まる樹脂なので、お菓子などに直接塗ることができます。カラフルなゼリービーンズやグミ、ポップコーンやおせんべいなどを、そのままレジン作品にできるわけです。それでは、このお菓子レジンの製作方法について説明していきます。

ゼリービーンズ・レジンのネックレス作品例

UVレジン(ハード)、お好みのゼリービーンズ(11~12コ)、9ピン、ネックレス金具を用意します。ゼリービーンズにピンバイスなどの工具で穴を開け、5mm程切った9ピンを差します。差した9ピンをピンセットや平ヤットコでつまんでレジン液を塗ります。UVランプを2分照射します。塗り漏れを確認しながら、塗ってUVランプ照射を3回程繰り返します。これを11~12コのゼリービーンズに施します。その後、固まったら各ゼリービーンズをネックレス金具を取り付けて完成です。この際、隣り合った所に同色のビーンズをは配さないようにするのがコツです。

カラーシュガー・レジンの英文字キーリング作品例

UVレジン液、お好みのカラーシュガー、丸カン、キーリング金具、英文字ゴシックの型を用意します。英文字の型に1mm程UVレジン液を入れてUVランプを2分照射します。その上にカラーシュガーを詰めるようにして入れてから、型いっぱいにUVレジン液を流し込み、UVランプを2分照射します。この英文字のパーツを型から取り出して、表面にUVレジン液を塗ってUVランプを2分照射します。キーリングの場合、英文字は2~3文字程度良いでしょう。固まった英文字パーツを連ねて、接合部にレジン液を塗りUVランプを2分照射し固めます。連なったパーツの両脇の文字に穴を開けて丸カンを差し、UVレジン液を塗ってUVランプを2分照射します。その後、キーリング金具をつなげて完成です。

ゼリー・レジンのピアス作品例

UVレジン(ソフト)、お好みのゼリー2コ、お好みの色のスクエアビーズ6コ、9ピン、Cカン、ピアス金具を用意します。ゼリーに9ピンを通します。ゼリーにUVレジン液を塗ってUVランプを2分照射します。この際、差した9ピンをピンセットや平ヤットコでつまんでレジン液を塗るのがコツです。文字シールなどを貼ってもアクセントになります。この工程を3回程繰り返して、塗り漏れをなくします。その後、スクエアビーズの配色を考えて左右の耳用に3コずつCカンと共に連ね、ピアス金具とつないで、仕上げます。

まとめ・メルヘンチックなアイテムにピッタリ

お菓子のおいしそうな雰囲気や色合い、独特の形などが活かせるレジン作品になることがわかります。お菓子の成分によって、レジン液のハードかソフトかを選ぶことで、風合いをうまく残すことができます。比較的、小粒のものが多いので、ファッション・アイテムとしては、ピアスやイヤリング、キーホルダーリングなどに向いているようです。またいくつも連ねたり、一粒一粒をくっつけて型に入れて固めれば、大きめのパーツになり、ネックレスやコサージュにも対応できます。ただ、柔らかいものでは、形が崩れやすいので、取り扱いに注意が必要なようです。お菓子レジン作品は、メルヘンチックな趣が漂うと言えます。

レジン  レジン