カラフルに着色したUVレジンを材料にしたドロップの作り方

ビーズレジン

ドロップレジン

キャンディードロップは、質感の良く似たUVレジンで本物そっくりに作ることができるので人気の手作りクラフトとなっています。カラフルに着色されたUVレジン液を使えば、とても美味しそうなドロップレジンが出来上がります。
食べてしまいたくなるほどの完成度となるので、小さいお子様のいるご家庭では、誤飲に注意しましょう。大人でも、ついつい食べてみたくなるほどの本物そっくりのドロップレジン。アクセサリーパーツを取り付けて、レジンアクセサリーに加工することをおすすめします。
まるで本物そっくりの手作りドロップレジンのアクセサリーは、お友達にプレゼントしても喜ばれます。

100均アクセサリーパーツ

アクセサリーパーツは、100均にもたくさんの種類のものが販売されています。ピアス、イヤリング、ネックレスなど、さまざまなアクセサリーに加工できるパーツがあり、レジンに取り付けるだけという手軽さ。
レジンに穴を開ける必要がある場合は、手軽なハンドドリルなどの工具類も100均で手に入れることができます。簡単にレジンをアクセサリーに加工することができるアクセサリーパーツを使って、ドロップレジンをお気に入りのアクセサリーに加工しましょう。

ドロップモールド

UVレジンを入れて固めるためのシリコン製の型枠は、とても便利で、簡単にレジンの型取りをすることができます。ドロップ型のシリコンモールドを使えば、本物そっくりのドロップレジンが簡単にできあがります。
ドロップ型のシリコンモールドは、ドロップの半面ずつ作って貼り合わせます。貼り合わせる時に、ヒートンなどのアクセサリー加工パーツを埋め込む方法もあります。完成後に穴を開ける作業を省くことができるので、簡単にアクセサリーに加工することができ、作業時間の短縮にもなります。

ドロップモールドは深さがあるので、UVライトで硬化させる時間は4分~5分くらいの長めの時間が必要になります。薄型のミール皿やシリコンモールドより硬化時間は長めに設定しましょう。
着色したレジン液は、色の濃さによっては紫外線を通しにくい場合もあります。中心部や底面まで紫外線が通らないと硬化不良を起こす可能性があるので、長めに硬化したり裏側からも硬化したりして、しっかりと中心部まで硬化させましょう。
硬化不良の場合は、表面がベタベタしたり、中からレジン液が漏れてきたりして破損の原因となる場合があります。着色したレジン液の場合は、透明レジン液より硬化時間を長めに設定することをおすすめします。

まとめ

本物そっくりのドロップレジンは、思わず食べてしまいたくなるほどの完成度。レジンの半透明の質感が、ドロップキャンディーとそっくりです。誤って食べてしまわないように、アクセサリーパーツを取り付けて、キーホルダーやストラップ、ネックレスやピアス、イヤリングなど、アクセサリーに加工して楽しみましょう。
レジンを簡単にアクセサリーに加工することができるアクセサリーパーツセットは、100均でも購入することができます。手軽に手に入れることができるので、本物みたいにカラフルなドロップレジンを作って、アクセサリーに加工して身に付ければとてもおしゃれ。プレゼントにしても喜ばれます。

レジン  レジン