アレンジ色々☆枠なしレジンアクセサリーの作り方

シリコンモールドを使ったレジンアクセサリー

初心者向けのレジンアクセアリーの作り方の多くは、ミール皿などを使用した枠付きのアクセサリーです。しかし、枠なしで透明感たっぷりの可愛いアクセサリーも決して難しくはありません。枠なしアクセサリーの中でも特に簡単な方法が、シリコンモールドを使用した作り方です。

シリコンモールドを使ったレジンアクセサリーの材料

・シリコンモールド(型)
・UVレジン液
・封入用パーツ
・つまようじ
・アクセサリー用金具
※レジンに色を付ける場合は、カラーレジンか専用のカラー顔料が必要です。

モールドで簡単!枠なしレジンアクセサリーの作り方

1.お好みのモールドにUVレジン液を流し込みます。この時、肉球の型なら、肉球の部分とその他の部分、車の形なら車体とタイヤなどで色分けして固めることも可能です。色分けする場合には、一色ずつ硬化すると失敗が少なく綺麗に仕上がります。
2.封入パーツを入れる。
3.硬化させる。太陽光でも硬化しますが、UVライトがあれば約10分で硬化します。
4.モールドから外す。
5.表面が曇っている場合やベトベト感が残って気になる際は、再度UVレジン液を表面に薄く塗り硬化させるか、マニキュアのトップコートでコーティングしてください。
6.バリ取り。凸凹や余分な部分が出来てしまったら、ハサミやヤスリで取り除きましょう。
7.アクセサリー金具を取り付けたら完成です。アクセサリー金具は接着剤でもUVレジン液で硬化させても接着可能です。

シリコンモールド以外で作る枠なしレジンのアイデア

シリコンモールドは100均や手芸店にて様々なモチーフの物が購入できます。UVレジン液を流し込んで、硬化させた後、簡単に取り外せれば良いので、レジン専用の型でなくても構いません。お金をかけずに身近な物で代用できます。人気のアイデアをご紹介します。
・グミの型
・お菓子作り用の型
・ストロー
・キャンディの袋
・クリアファイル
グミやお菓子作り用の型は、シリコンモールド同様に取り出して繰り返し使用することが可能です。ストローやキャンディの袋、ビニール袋に入れて硬化させた場合は、ハサミやカッターで型にした物を切り取って外せれば大丈夫です。特にストローは少しずつ違う色のカラーレジンを順番に流し入れながら硬化させると綺麗な筒状のチャームが出来ると人気があります。クリアファイルは、少々技術が必要かもしれませんが、バングルなどは自分にピッタリのサイズが作れて便利です。また、最近ではクリアファイルアレンジの本も出版されていますので、参考にしてみてください。もちろん、クリアファイルの上にただUVレジン液をのせて硬化させていくことも可能です。

まとめ

枠なしレジンアクセサリーは、アイデア次第でオリジナル度が上がる、とても楽しい方法です。シリコンモールドのモチーフのレパートリーもどんどん増えていますので、お好みの形を見つけることは簡単です。加えて、身近にあるゴミにしてしまいそうな物も代用できるので、アレンジの幅がとっても広がりますよね。UVレジン液との相性もあると思いますが、型になりそうな物を見つけたら、一度挑戦してみてください。新しい発見があるかもしれません。

レジン  レジン