UVレジンで簡単ロリポップの作り方!まるで本物のキャンディ!?

ビーズレジン

ロリポップとは

ロリポップとは、棒付きのキャディのことで、チュッパチャップスやペコちゃんの商品が有名です。まんまるのキャンディや星形のキャンディ、ハート型のキャンディなど、色々な形のロリポップがあり、色もカラフルで大人から子供まで人気のあるキャンディです。

このおしゃれなキャンディのロリポップをUVレジンで簡単に手作りすることができます。本物そっくりですが食べられませんので、小さなお子さんがいるご家庭ではお子さんが口に入れないように注意する必要があります。
本物そっくりにフェイクスイーツとして作ったり、お気に入りのパーツを閉じ込めてレジンアクセサリーとして作ったり、色々な目的によって材料を揃えておしゃれなスイーツレジンを作りましょう。

100均で揃う材料

ロリポップは、食べられるキャンディとして作るための材料が100均にも揃っています。手作り製菓のコーナーにある材料を、そのままUVレジンにも使うことができるので便利。一度、UVレジンに使用した材料は、衛生上、食品作りに使用しないでください。

ロリポップは、シリコン製の型枠にUVレジンを流し入れて作ると簡単です。ロリポップ用の棒を入れて固めることのできるシリコン製の型枠は、100均で購入することができます。プラスチック製の棒も100均で販売されています。
特にクリスマスやバレンタイン、ホワイトデーなどの、手作りが流行る時期には、材料も種類も豊富に揃っているので、好みのデザインのものを選べるチャンスです。100均のお店をチェックして、お気に入りの材料をゲットしておきましょう。

100均にはスイーツデコのコーナーにデコパーツが豊富にあります。フルーツや、チョコ、シュガーなど、さまざまなスイーツデコパーツが販売されているので、お好みのスイーツデコパーツを準備しましょう。

材料

・ロリポップ用型枠
・プラスチックスティック
・UVレジン液
・デコパーツ

作り方

  1. ロリポップ用のシリコン製型枠にUVレジン液を流し入れます。厚みがある場合は、何層かに分けて硬化していくとキレイに仕上がります。
  2. 中に入れたいデコパーツを配置していきます。
  3. プラスチックスティックを、配置します。
  4. UVライト(または太陽光)に当てて、しっかりと硬化させます。
  5. キャンディの表面にもデコパーツを配置したい場合は、表面に薄くレジン液を伸ばし、デコパーツを配置していきます。
  6. UVライト(または太陽光)に当てて硬化させます。レジン液が接着剤の役割を果たし、表面にしっかりと接着されます。
  7. 型枠から外せばロリポップレジンの完成です。裏面にもデコパーツを配置したい場合は、裏面にも同じようにレジン液を薄く塗りデコパーツを配置して、しっかりと硬化させます。

まとめ

基本的な作り方に慣れたら、レジン液を着色したり、中に入れるパーツを増やしたり変えたりしてアレンジを楽しみましょう。
食品用のシリコン製モールドも、UVレジンに使えるのでとても便利です。100均のレジン売り場にお気に入りのモールドがない場合には、手作り製菓コーナーも探してみましょう。グミ型やキャンディ型など、色々な型枠を見つけることができます。

レジン  レジン