人気のオルゴナイトの作り方!レジンでお守りを手作りする方法

オルゴナイトとは

オルゴナイトとは、有機物である樹脂などと、無機物である金属や水晶などを組み合わせることによって、マイナスイオンを発生させるとも、パワースポットになるとも言われているもの。お守りとして飾ったり、持ち歩いたりする人も増えています。

テレビや電子レンジなどの家電やパソコンやスマートフォンなどの電子機器からは、絶えず電磁波が出ていて、人体に何らかの影響があると心配されています。
オルゴナイトは、この電磁波を吸収し悪影響を和らげてくれるアイテムなのです。オルゴナイトからは人にとってプラスとなるエネルギーが発生させられていると考えられ、先端が尖っているほど、放出されるエネルギーは強くなると考えられています。
そのためオルゴナイトの形は、円すい形や、三角すい形など、先端の尖った形のものが多く作られています。エジプトにあるピラミッドの形は、黄金比で作られているとされ、最も強力なパワーを発しているとされています。

UVレジンで作るオルゴナイト

UVレジンは、紫外線によって固まる紫外線硬化樹脂。レジンの中に水晶や金属パーツを閉じ込めて、円すい形や三角すい、四角すいなどの形に硬化させれば、強力なパワーのオルゴナイトを作ることができるのです。有機物であるレジンと無機物である水晶や金属パーツが融合し、良いエネルギーを発してくれます。

レジンの中に入れる水晶は、きれいに研磨されているものは、レジンと同化して見えなくなってしまう可能性も。ポイント水晶と呼ばれる先端が尖った形のものや、さざれ石と呼ばれるものが向いています。
金属パーツは、100均でも購入できる銅線もおすすめ。ポイント水晶に巻き付けてレジンに封入するのも効果的です。

オルゴナイトアクセサリー

オルゴナイトのパワーが届く範囲は、サイズにもよりますが、UVレジンを使って作れる大きさ、つまり一般的な家庭用UVライトに入る大きさのオルゴナイトならば、3.5mと考えられています。
部屋の中に1つ飾るだけでもオルゴナイトのパワーを十分に受けることができます。バッグチャームやストラップなどに加工して、常に持ち歩けるとマイナスのエネルギーを吸収してくれて、プラスのエネルギーを放出してくれるアイテムとして役立ちます。

UVレジンで小さいオルゴナイトを作って、アクセサリーパーツを取り付ければ、ネックレスやピアス、イヤリング、ブレスレットなどのアクセサリーとして身に付けることができます。
お守りとして、いつでも身に付けていられるオルゴナイトをUVレジンで手作りしてみましょう。水晶や金属パーツの他にもラメパウダーやビーズ、ラインストーンなどを入れるのもおしゃれ。より効果を高めたい場合には、パワーストーンを封入するのもおすすめです。
お気に入りのアイテムを閉じ込めて、オリジナルのオルゴナイトをUVレジンで手作りしましょう。

まとめ

オルゴナイトは、良いエネルギーを発してくれるお守りとして人気があります。UVレジンを使って自分で手作りできるのも人気の理由。部屋に飾る用のオルゴナイトや、お守りとして持ち歩けるオルゴナイトなど、お好みのサイズとカラーでオリジナルのオルゴナイトを手作りしてみましょう。UVレジンに水晶や金属パーツを閉じ込めて硬化させれば簡単にオルゴナイトを作ることができます。

レジン  レジン