女性のおしゃれ心をくすぐる!キラキラときらめくレジンの製作方法

ファッション性が髙いアイテムになる

キラキラと輝くファッション・アイテムは人の目を引きますし、その人の魅力を高めるのではないでしょうか。いろいろな素材で、きらめくハンドクラフト作品が作れるのですが、中でも、レジン作品のきらめきは、より一層華やかな雰囲気が漂います。宝石のような輝きがあり、それを好みの色合いに変えることができるのが特徴的です。乳白色のきらめきには、レジンでしか出せない独特のツヤなどがあります。スワロフスキー・クリスタルとコラボしても、ファッション性が非常に高いアイテムが作れます。レジンクラフトにはまっている人には、一度は必ず作りたくなる面白さがあると言えます。それでは、このきらめくレジン作品の製作方法について説明していきます。

きらめくレジンのスターネックレス作品例

UVレジン(ハード)、デコシート(ミラー)、星の欠片、星の型、スワロフスキー・エレメント、ネックレス金具を用意します。星の型にレジン液と星の欠片を混ぜて入れ、UVランプを2分照射し固めます。この星のレジンパーツを3つ作ります。そのうちの一つに、星形にカットしたデコシート貼り、レジン液を塗りUVランプを2分照射し固めます。残りの二つには、スワロフスキー・エレメントを付けて、レジン液を塗りUVランプを2分照射します。この3つの星を縦状につなげ、接着部分にレジン液を塗りUVランプを2分照射します。硬化したら、一番上の星に穴をあけて、ネックレス金具のチェーンを通して完成です。

きらめくレジンのリボンブローチ作品例

UVレジン(ハード)、透明顔料(スノーホワイト)、連爪ラインストーン、ネイル用メタルパーツ、チェーンエンド、ブローチ金具を用意します。連爪ラインストーンでリボンの輪の部分用を2コ、リボンの足用を1コを適宜切って用意します。クリアホルダーにマスキングテープの粘着面を上にして、チェーンエンドを置きます。そこに輪や足用の連爪ラインストーンをはめ込みます。このリボンの輪の中とチェーンエンドに透明顔料(スノーホワイト)で着色したレジン液を流し、UVランプを2分照射します。硬化したら、ネイル用メタルパーツを置き、レジン液を塗り、UVランプを2分照射します。その後、ブローチ金具をレジン液で固めて付けて完成です。

きらめくレジンの石座ペンダント作品例

UVレジン(ハード)、お好みの色の透明顔料)、丸小ビーズ、9ピン、Tピン、アルファベット転写シール、石座4コ、ペンダント金具を用意します。クリアホルダーにマスキングテープの粘着面を上にして、そこに石座を4コ横並びに置きます。上側に丸小ビーズ通した9ピン、下側にTピンを左右から一本ずつ通します。その石座の底から1/3程にレジン液を塗り、UVランプを10秒照射します。その上に好みの色に着色したレジン液を塗りUVランプを2分照射します。硬化したら、転写シールを貼り、レジン液を塗ってUVランプを2分照射します。石座の爪をペンチで折り曲げ、レジン液を盛り上げるように塗ってUVランプを2分照射します。その後、9ピンの飛び出した側をやっとこで丸くして、ペンダント金具とつないで完成です。

まとめ・きらめきに心がトキめく

スワロフスキー・エレメントや、メタルパーツ、デコシートなどを用いると、より一層のきらめきを放つレジン作品ができることがわかります。レジンで作る宝石のようなパーツには、転写シールなど貼ると、人と違ったオリジナリティーにあふれる作品になります。輝きのあるパーツを多用すると、本物の宝石にはない、まばゆいばかりのファッション・アイテムが作れます。近年、話題になっているキラキラ女子には、たまらない魅力となるのではないでしょうか。きらめきのあるアクセサリーを身に着ければ、気分まで、晴れやかに輝くはずです。きらめくレジン作品は、心をトキめかせる不思議なパワーがあるのかもしれません。

レジン  レジン