日本安全食料料理協会の口コミ評判はどうなのか?

resin

日本安全食料料理協会とは?

コーヒーやハーブのような食品、和食や薬膳などの料理のスキルの認定を行なう機関であり、認定試験制度により食品や料理のスキルが一定水準以上に達していることを認定し、証明する協会です。
資格の所有により、各分野の企業や現場においてスキルの水準を図る指針として活用でき、客観的な視点で充分なスキルを持つ人材かどうかを見極めることに役立ちます。
また、講座などで同業を目指す人材の育成や指導にあたることや、教室開催や趣味としてスキルを役立てたい人に学ぶ機会を与えることができ、社会的に貢献することにも役立てることも可能です。

忙しい時間のなかでも受けられる在宅受験

認定試験は在宅受験で行なわれることで、時間の少ないフルタイムでの勤務の方や、家事と子育てに負われ家を空けることが難しい主婦の方でも受験会場まで出向く必要がなく、隙間時間の活用や家にいながら受験を受けることが可能な試験方法になっています。
受験申し込みもインターネットから申し込みができ、着払いでの支払いにより難しい手続きをとることなく簡単に受験申し込みを行なうことができます。
受験申し込み後、日本安全食料料理協会より試験問題、回答用紙が送られてくるため、試験日を決めたあとで記入した解答用紙を返信用封筒に入れるだけで受験完了となります。
受験を受けながら自分のスキルの足りない点を把握することもでき、不足しているスキルの補強にもおおいに役立てることもできるでしょう。

10種類の専門資格なかから選べる認定試験

食品や料理に関する10種類のなかから自身の専門している分野のスキルの証明に役立てることができます。
【コーヒーソムリエ認定試験】
コーヒーに関する基礎知識があるかを認定する試験です。コーヒー豆やコーヒーの入れ方、焙煎方法やブレンドコーヒーに関する知識レベルを判定します。

【カフェオーナースペシャリスト認定試験】
カフェオーナとしての知識、また実務での技能を持っているか認定する試験です。
カフェオーナーを目指す方から飲食業界の方にも役立つ資格であり、資格所有によりスクールの開催などにより講師活動に役立てることもできます。

【紅茶アドバイザー認定試験】
紅茶に関する知識があることを認定する試験です。茶葉や紅茶の入れ方、カップやソーサーの選び方からブレンドの仕方まで紅茶に関する知識レベルを判定します。

【紅茶マイスター認定試験】
紅茶オーナーとしての知識、また実務での技能を持っているか認定する試験です。
紅茶オーナーを目指す方から飲食業界の方にも役立つ資格であり、資格所有によりスクールの開催などにより講師活動に役立てることもできます。

【ワインコンシェルジュ認定試験】
ワインに関する基礎知識があるか認定する試験です。ブドウの品種による特徴、国により異なるワイン事情などのワインに関する知識レベルを判定します。
酒造家や飲食業界の方にも役立つ試験でさまざまな職種で役立てることができます。

【ハーブライフインストラクター認定試験】
ハーブの利用方法や栄養に関する知識があり、日常生活でハーブを生かした実りある生活を勧められる知識、または技能を持つことを認定する試験です。
ハーブセラピストとして活躍したい方や飲食業界の方にも役立つ資格です。
【薬膳調整師 認定試験】
薬膳に関する基礎知識があるかを認定する試験です。漢方の観点で捉えた各種素材の効能に関する知識レベルを判定します。

【漢方コーディネーター認定試験】
漢方・漢方薬に関する知識があるかを認定する試験です。漢方の独自的な観点から見た診断方法や養生に関する知識レベルを判定します。

【スパイス香辛料アドバイザー認定試験】
スパイスに関する知識があるかを認定する試験です。スパイスの種類や歴史を把握しており、各種スパイスの有効的な活用方法を身に付けているか判定します。

【和食エキスパート認定試験】
和食に関する知識や技能の基礎的なスキルを有しているかを認定する試験です。だしの種類による違いや、包丁などの料理道具、和食料理の調理の仕方などに関する知識レベルを判定します。

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です