日本アロマメディカル心理セラピー協会の口コミ、評判はどうなのか?

resin

日本アロマメディカル心理セラピー協会とは?

心のケアを中心とした技術のスキルの認定を行なう機関であり、認定試験制度により心理ケアのスキルが一定水準以上に達していることを認定し、証明する協会です。
資格の所有により、各分野の企業や現場においてスキルの水準を図る指針として活用でき、客観的な視点で充分なスキルを持つ人材かどうかを見極めることに役立ちます。
また、講座などで同業を目指す人材の育成や指導にあたることや、教室として趣味としてスキルを役立てたい人に学ぶ機会を与えることができ、社会的にも貢献することにも役立てることも可能です。

11個のストレスに対する心理的ケアの専門資格

ストレス社会といわれ久しい昨今ですが、政府より平成27年度に社員数50名以上の企業に対してストレスチェックの義務化が法令化されたことにあるようにストレスに対する社会的対応やストレスケアについては注目が集められています。
そんな現代の動きにあわせる形で「心のケア」という指針のないスキルに対しても評価があげられており、日本アロマメディカル心理セラピー協会ではそのように評価の策定の難しい「心のケア」のスキルに対して「資格」という形で他者からも社会的に評価される方法を提供しています。
【主な資格】
・アロマ資格のアロマヒーリングセラピスト
・風水資格の風水セラピスト
・カラーセラピー認定試験
・安眠資格の美快眠セラピスト
・音楽療法資格のメンタル心理ミュージックアドバイザー
・ハーブ資格のメディカルハーブカウンセラー
・メンタル心理資格のメンタル心理ヘルスカウンセラー
・福祉心理カウンセラー
・キッチン心理カウンセラー
・エクステリア心理カウンセラー
・ストレスケアマネージメント
【日本アロマメディカル心理セラピー協会の人気の資格】
カラーセラピー・・・色に対する心理的効果、生理的効果に精通した資格であり、色を利用した色彩療法などのプロフェッショナル向けの資格です。

メディカルハーブカウンセラー・・・ハーブに関する知識を認める試験であり、ハーブによるリラックス効果、デトックス効果などの効能の知識を有するほかカウンセリングに関する知識を有することを認める資格です。

メンタル心理ヘルスカウンセラー・・・心理学の基礎的な知識を有することを認める資格であり、ストレスが心身へ与える悪影響を分析し、適切な治療方法を助言できるだけの知識を有することを証明する資格です。

自宅でできる受験制度

認定試験は在宅受験で行なわれることで、時間の少ないフルタイムでの勤務の方や、家事と子育てに追われ家を空けることが難しい主婦の方でも受験会場まで出向く必要がなく、隙間時間の活用や家にいながら受験を受けることが可能な試験方法になっています。
受験申し込みもインターネットから申し込みができ、着払いでの支払いにより難しい手続きをとることなく簡単に受験申し込みを行なうことが可能です。
受験申し込み後、日本アロマメディカル心理セラピー協会より試験問題、回答用紙が送られてくるため、5日程度の試験期間のなかから試験日を決めたあとで記入した回答用紙を返信用封筒に入れるだけで受験完了となります。
時間のとれない方や遠方から受験会場に向かう手間がなく受験が受けられるため制約を受けることなく手軽に受験を受けることができます。
正答率70%以上が合格となり、合格率は資格によっても異なるのですがアロマヒーリングセラピスト認定試験で36.2%、美快眠セラピスト認定試験で62.1%と決して楽に取れる試験ではないため、資格所有による心理ケア技術者としての社会的な評価が高まることと思います。

レジン  レジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です