レジン中級者が好む!いろいろと小技が使えるレジン作品ベスト3

いろいろと挑戦したくなる時期

初心者の時に失敗した点をクリアしたり、ちょっとしたコツをつかんで、だんだんレジンクラフトに慣れてくると、あれもこれもと挑戦したくなるはずです。透けるような透明感を持っていたり、宝石のような輝きにあふれた作品に、目が向いてくるのが中級者ではないでしょうか。レジン液の扱いにも慣れているので、塗りムラなども少なくなっているはずです。型枠に、レジンのレシピ本にあるようなパーツなどを封入するのではなく、自分が気に入ったパーツが入られられる作品を作りたくなるのも、この頃と言えます。中級者の傾向としては、作りやすさよりも、見栄えが良いものを好みます。それでは、中級者が好むレジン作品ベスト3について説明していきます。

中級者が好む1位/キューブ・レジン

レジン作品の中で定番のデザインとなるのが立方体の形をしているキューブ型です。単純な形ですが、小さいと意外と可愛く見えたり、中に封入するものによって印象がガラリと変わるところが中級者にウケているようです。このキューブ型は、より大きなキューブにしたり、キューブの中にキューブを入れたりとアレンジがいろいろと楽しめ、工夫次第で様々なアクセサリーに仕立てることができます。UVレジンの他に2液性エポキシレジンで固めるといった手法も使えます。四角形の単純な組み合わせでも、デザインやアイデアの幅がどんどん広がる点が好まれるようです。

中級者が好む2位/ジュエル・レジン

珊瑚、ムーンストーン、ターコイズ、トパーズ、ラピスラズリなど本物と見間違う程の宝石パーツが作れるところが中級者にウケているようです。宝石をアクセサリーにあしらうことは、価格面や形状などで手軽とは言えません。しかし、UVレジンで固めることにより、好きな大きさ、好きな形、好きな色合いの本物のような宝石が手軽に作ることができます。レジンの光沢には、宝石のような輝きがあります。様々な宝石用の型があるので、それらを用いれば、数多くのファッション・アイテムが出来上がります。微妙の色の配合や混ぜるものにより、いろいろな宝石の輝きが表現できる点が好まれている要素の一つになります。

中級者が好む3位/マスキングテープ・レジン

マスキングテープは、100円ショップで入手でき、色はもちろんのこと模様も豊富で、レジンクラフトには、最適の材料の一つになります。このテープの素材は、ほとんどが和紙なので、そのまま下地として使い難いのですが、コーティング剤を塗ったり、白地を下に敷いたりと、ひと手間加えるだけで、上手に活かすことができます。この点が中級者にウケているようです。キュートな模様をそのまま活かせば、可愛さが演出でき、ボーダー模様を活かせば、モダンな雰囲気を漂わせることができるところが好まれています。またスマホのケースのように装飾する面積が広いものにも、うってつけで人気です。

まとめ・ひと手間でワンランク上になるもの

レジンの輝きや透明感がうまく活かせる作品が好まれていることがわかります。好きな大きさや形に仕上げられ、自分なりのオリジナリティーが表現できることが喜ばれているようです。今までファッションアイテムにあしらい難かった宝石が、レジン液を固めるだけで作れるのは大きな魅力となります。また、材料がそのまま使えなかったものが、テクニック次第でで使えるようになっています。特に初心者にはない、ちょっとしたひと手間をプラスすることで、ワンランク上に仕上げられるところがウケていると言えます。このトップ3は、いずれも中級者が好む要素が多分にあるレジン作品のようです。

レジン  レジン