ダイソーとセリアの100均UVレジン液を徹底比較してみよう!

UVレジン

UVレジン液をシリコンモールドやミール皿などの型枠に流し入れて、お気に入りのパーツを中に閉じ込めたら、紫外線に当てて固まる不思議なUVレジン。
キラキラとしたガラスのような透明感と、初心者でも簡単に作れる手軽さから、レジンクラフトは子供から大人まで大人気。100均で購入できる手軽さも、人気の理由の一つとなっています。

UVレジン液には、硬く仕上がるハードタイプと、柔らかく仕上がるソフトタイプがあります。ハードタイプは、プラスチック製品のように硬く仕上がり、ガラスのような透明感があります。ソフトタイプは、グミのような柔らかさがあり、曲げたりつぶしたりできる仕上がりです。
100均のダイソーとセリアのUVレジン液ハードタイプを、どのような違いがあるのか比較してみましょう。

内容量

・ダイソー
ダイソーのUVレジン液ハードタイプの内容量は5g。一般的なシリコンモールドやミール皿でレジンを作るには十分な量です。

・セリア
セリアのUVレジン液ハードタイプの内容量は4g。ダイソーのレジン液より1g少ない量ですが、こちらも一般的なシリコンモールドやミール皿でレジンを作るには十分な量です。

形状

・ダイソー
ダイソーのレジン液の形状は、チューブ型。蓋を外して、チューブを押してレジン液を出します。使い始めは、容器にたっぷりとレジン液が入っているので、ふたを開けた瞬間にあふれ出てしまうことも。強く容器を持たないように注意が必要です。また、蓋を閉めずに置いてしまうと、チューブを押さなくてもレジン液が垂れてきてしまうことも。必ず蓋を閉めるようにしましょう。

・セリア
セリアの容器は、ボトルタイプなので立てて置くことができます。レジン液の出る穴も小さ目で、少量ずつ出すことができて使いやすい形状となっています。蓋を閉めていなくても、立てておけるのでこぼれる心配もありません。

ニオイ

レジン液には独特のニオイがあり、気になる人にはツライことも。ダイソーもセリアも、ニオイの強さはどちらも同程度。気になる人は、換気をしたりマスクをしたりして軽減することができます。

硬化

UVレジンは、紫外線に当てて固まらせます。これを硬化と言います。紫外線は、日光の紫外線に当てて硬化させることもできますが、簡単なのはUVライトという紫外線を照射する機器を使うこと。UVライトに当てると日光に当てた時より硬化時間が短くて済みます。
ダイソーのレジン液も、セリアのレジン液も、硬化後にやや黄色味がかった色味になってしまいます。気になる程ではありませんが、手芸専門店のレジン液の透明度よりは、やや黄色味があるという程度です。どちらも同程度の仕上がりです。

まとめ

UVレジンで作るレジンアクセサリーは、キラキラとした輝きと、中に色々なアイテムを閉じ込められる楽しさからとても人気があります。
100均でもUVレジン材料を揃えることができる手軽さから、レジンクラフトを始める人も増えています。100均のUVレジン液は、内容量は少ないですが、初めて作る人や、一つ二つくらいの作品を作る人には十分使える量です。
中に埋め込むアイテムも100均でさまざまな種類のものが販売されています。ダイソーやセリアの店舗を覗いて、好みの品があるか比べてみるも楽しいです。それぞれに特徴があるので、色々と試して自分に合ったものを見つけましょう。

レジン  レジン